転職した際の住民税に関する手続き

101033096_XS

書類選考や面接を経て、無事に転職先が決まると、嬉しい気持ちになるものです。しかし、この段階で落ち着いてしまうことはできません。転職すること自体の手続きは完了していても、他の手続きが終わっていないのです。たとえば、住民税に関する手続きです。住民税は、勤務先の会社が源泉徴収するのが原則となっている税金なので、転職した場合は新たな会社で源泉徴収するための手続きが必要になります。

会社員の場合、住民税を納付する手続きを自分で行っていないため、住民税について無頓着になってしまうことが多いです。しかし、住民税を納めることは国民の重要な義務の1つなので、手続きを忘れないようにしなければなりません。転職活動が成功したら、速やかに住民税などの手続きも完了させることが大切です。

あらゆる手続きをきちんと済ませることで、はじめて転職活動が終わったと言えるのです。分かりにくい部分は、会社の社会保険担当者や自治体の担当者に確認しなければなりません。

転職がきまった時に、会社への辞意の伝え方

78153941_XS

仕事を進めながら面接に行き、ようやく転職先が決まった!嬉しくてつい現在の職場への感謝の気持ち等を忘れてしまいそうになりますが、お世話になった職場に迷惑をかけないよう辞意を伝えることは非常に大切です。職場をやめる際には退職届さえだせばいいというわけではなく、やめる理由を伝える必要があります。人によっては伝え方に悩む方も多いと思いますが、一般的な辞意の伝え方としては直属の上司に一番最初に伝えます。その際引止めにあうことも多いですが意思が固いということを貫きましょう。つまり辞意の伝え方で重要なのは確実に転職の意思が固まった際に伝えると言うことです。

会社に退職の意思が伝わったら、退職前に引継ぎは確実に完了させて、スムーズに次の職場に転職しましょう。職場が変わったとしても前職の人脈は大切です、困った時に助けてもらうこともあるでしょう。別の業界に転職することもありますが、また会う機会もあるでしょう。円満退職を心がけることが次の仕事にもつながるのです。

転職活動では退職理由の伝え方が重要

20151127221409

転職活動を始める人には、必ず退職する理由があります。アルバイトのように、期間限定の仕事をしている場合であれば、退職理由の伝え方で迷う必要はなく、事実をありのまま説明すれば済みます。しかし、正規雇用の場合は自分の意思で退職するのが一般的なので、その理由の伝え方を間違えてしまうと、評価を一気に下げてしまうことになります。

採用担当者が、前の会社での退職理由を質問するのは、また同じ理由で辞めてしまう可能性を考えているためです。したがって、同じ理由で辞めてしまうことがないと思ってもらえるような伝え方をしなければなりません。特に、短期間で退職してしまった人の場合、慎重に言葉を選びながら伝えていくようにしないと、ほとんど不採用になってしまいます。

転職活動に失敗しやすい人は、退職理由をありのまま伝えてしまう人です。たとえば、人間関係が原因で辞めたことを話してしまうと、いくらスキルが高くても採用したい気持ちが薄れるものです。転職に成功するには、人間関係の問題を持ち出すのは禁物です。

強みを上手にアピールして転職につなげる

20151220112157

転職するために面接を受ける際は、自分を採用することのメリットを伝えるように話を進める必要があります。そのためには、きちんと強みをアピールすることが大切です。

自分のこと、とりわけダメだと思う点を率直に伝えることは、日常生活では謙虚さと受け止められ、高評価につながるものですが、面接の場では評価が下がってしまう可能性が少なからずあります。上手に強みをアピールする方法を考える必要があるのです。

ただし、強みをアピールしたいがために虚偽の内容を盛り込んだり、誇張しすぎてしまったりするのは逆効果です。信憑性の低い内容だと思われてしまえば、転職には成功しません。基本的には、事実に即して説明していかなければならないのです。

最初から上手にアピールすることはできないので、時間をかけて面接対策を行う必要があります。その際に転職エージェントは最強のアドバイザーとなってくれるでしょう。転職エージェントを強く勧めるのには活用するのとしないのとでは雲泥の差があるからです。転職市場におけるあなたの価値は転職希望先によって思った以上に高かったり低かったりするものです。その差を縮めていける人が採用を勝ち取る人です。転職エージェントは差を縮めるための分析や情報提供をしてくれます。

なかなか転職活動がうまくいかない人は、現状分析が間違っていることが多いです。その現状分析とは自己分析が大半を占めます。自分のスキルや強みを効果的にアピールするために、転職エージェントを活用しつつ、じっくりと対策を練っていけば転職成功につながります。

 

 

転職時の希望年収の伝え方に注意する

20151220113155

転職を考える理由は人それぞれですが、現在の年収に不満があって転職したいという人も少なくありません。この場合、次に働く会社を探す際に年収を重視して求人を見ていくことになります。面接を受けた際に、希望年収について問われることも度々あるのですが、伝え方を間違えてしまうと評価が低くなってしまうため、注意しなければなりません。

求人企業を探している段階で、自分の希望年収を具体的に考えておくことが大切です。あらかじめ考えていない状態で希望年収について質問されると、どうしても焦ってしまい、マイナスイメージを与える答えになってしまう可能性があります。評価されやすい伝え方を知っておくことが大切なのです。年収に関わる内容は、伝え方が難しい項目なので、慎重な対応が求められます。

こういう時、転職エージェントに相談しておくと、希望年収のスマートな伝え方を学ぶことができます。希望年収の伝え方が悪かったために不採用になるのでは損です。準備に時間をかけるだけで転職に成功しやすくなります。

 

 

転職の際に必要なスキルや強みとは?

仕事や転職をしようと考えている人は、まずは自分がどんな事が出来るのか、自分の強み、スキルはなんだろうかと考えている人は大変多いです。特に転職して就職する人にその傾向は強いです。そのため、自分にはスキルや強みがないと悩んでいる人が多く、そういう人の多くは資格を取ろうとします。

もちろん資格はないよりあったほうがいいのです。しかし、資格という形とは別に、強みがない人なんて実はいないのです。自分ではこんな仕事はできて当然というものを企業が欲している場合もあるのです。

自分にとって当たり前でも企業側からしたら強みやその人のスキルだと思っていることもあるという事を覚えておいてください。必ずしも誰もが認める資格がだけが必要なわけではないのです。このことを転職を考えている人は勘違いしていて、『自分にはスキルがないから雇ってもらえないんじゃないか・・・』と勘違いしているのです。

まったく新しい人を一から教えれば研修の期間が必要になってきます。場所も人も割り当てなくてはなりません。職種にもよりますがほとんどの場合は1週間2週間ではとても身につくものではなく、数か月、場合によっては年という単位を意識する必要も出てきます。そういうことを考えると、同じ職種でのスキル・経験がある人というのは時間も人も効率的に企業活動に載せていくことができますから重宝がられるのは当たり前です。

すぐに働ける即戦力が欲しい企業は意外と多いのです。ですので、資格やスキルが欲しいと考える前に自分が得意な事、出来る事は何だろうと考えてみる事から始めると良いです。

その際、転職エージェントが大きな力になることは言うまでもありません。業界情報を持っている転職のプロが第三者の目線でスキルや強みを判定してくれる、これは転職エージェントの大きなメリットなのです。是非利用してみてください。

 

 

40歳代からの転職は準備が重要

一般的な企業では、できるだけ若い人材を集めようとしています。そのため、年齢が上がってから転職しようとする人は、不利な状況に置かれているのです。しかし、40歳からでも転職することが不可能というわけではありません。十分な準備をして転職活動を行うようにすれば、40歳からでも十分転職することができます。ただし、ただ応募を繰り返しているだけでは採用されません。

40歳代になってから転職するためには、しっかりとしたスキルを身につけていることが大前提となります。もし、40代に見合ったスキルが身についていなければ、書類選考の段階で不採用になってしまうことが多くなるでしょう。40歳代という年齢は、20代での転職とは異なり、管理職のような役割を期待されています。そのため、マネジメントスキルをアピールすることが大切です。

前職で管理職の経験と実績が豊富にあれば、40歳代でも転職活動がスムーズに進みます。また、管理職の経験がない場合は、管理職になるに向けてのスキルアップを図っていることをアピールすることが必要です。

40代の転職ともなると、転職エージェントのようなプロの介在は不可欠だといえます。どこかに登録して率直な話を聞いてみましょう。ただし、エージェントによっては40代以降は登録NGなところもあります。登録時にはご注意ください。

 

20代の転職は慎重に

近年、大学新卒者の就職率がだいぶ回復してきましたが、せっかく就職してもすぐに離職してしまう人が増えています。20代ならまた1から仕事を学べるといった安易な考えで離職してしまうと、転職もうまくいかないでしょう。

20代というのは、もちろん十分に仕事のやり直しがきく時期ですし転職に関しても、どこかしら採用してもらえると思います。

しかし大事なことは自分の仕事に納得して、その仕事を続けられるということです。
20代ならまだ企業側から見ても若いから採用してみるか、という考えにもなりますが、これが30代になると転職する際には当然、即戦力としての力が求められるわけです。なので若いうちから転職を繰り返し何もスキルを得られなかった場合、その後の転職は苦しくなるでしょう。そうならないためにも20代で転職を考えている方は、しっかりと志望業種、志望企業を見極めて自分のゴール地点を決めるという気持ちで転職に臨まなければなりません。

20代で転職を考えている方は一度転職エージェントに相談してみると良いでしょう。自分だけの考えでは結果的に狭い了見だったということも十分ありえます。第三者、それも転職情報のプロから見てどうなのかといった話を聞くこともその後の仕事人生においては十分重要なことであるはずです。

30代の転職で求められる要素

20151220112543

30代で転職を果たすためには、ビジネスの現場で通用する即戦力を企業にアピールする事が基本です。
また、これまで培ってきたビジネスの即戦力スキルに付け加えて、会社を大きくする為に社員を育成する能力を持っていたり、会社経営を主観とした戦略を持っている事が望ましいともいえるでしょう。

会社は従業員が結集して成り立っている組織である事を考えて、大きく立てていく為に部下に対する仕事などのノウハウを教えられる人を求めている傾向があります。

30代の転職希望者であれば、部下の成長を促せる能力がある事は企業にとっても大きなメリットがあります。単に部下に対して育成を促したり、指導を行うばかりではなくて、社員の悩みなどの話をしっかりと聞きながら理解して、話の内容を察しながら自分の考えを提案できる人が求められています。

即戦力で得たキャリアをプラスの方向に生かして、部下を含む社員に働きかける事で、会社で働く社員のモチベーションを上げながら業績の向上に繋がります。30代で転職を考える場合、経営者のつもりで応募する企業に出来る事を鑑みておく事が必要です。

そうしたスキル、能力を客観的に把握するために転職エージェントを活用するのも良い転職を果たす選択肢の一つです。

転職の回数が多い人が注意すること

20151204183914

一般的な企業では、あまり頻繁に転職していない人を優遇する傾向にあります。そのため、転職した回数が多い人は、第一印象でマイナスのイメージを持たれてしまいがちです。しかし、転職の回数が多いからといって、必ず不採用になるというわけではありません。回数が多いというだけの理由で不採用になるのではなく、不採用になる原因は他にもあるのです。

転職の回数が多い人は、どうしても自分に自信を持つことができず、積極的にアピールをすることができなくなってしまいます。その結果、自身のない人という印象を与えてしまい、不採用になりやすくなるのです。転職の回数が多い場合でも、自分の強みをアピールする時は、積極的になるべきです。前向きにアピールしていけば、回数の多さは問題になりません。

転職回数が多い人を採用すると、自分の会社でもすぐ転職するのではないか、と思う採用担当者が少なくありません。そのため、転職の回数が多い人は、長く働き続けられることを具体的に説明することが大切です。

こういったことは転職エージェントを利用していることでかなりのマイナスをカバーすることが可能になる場合があります。もちろん限度や担当者の能力にもよりますしあなた自身の立ち振る舞いにも大きな影響を受けますが、不利を不利としないようなアイデアを一緒に考えていくことで得られるメリットはいろいろあるはずです。

転職回数が気になるという人はその時点で心の中にマイナスイメージを持ってしまっていますから、まずはそのイメージを少しでも良い方向に変えるべく転職エージェントなどのサービスを利用すると良いでしょう。

ピックアップ記事

  • 20151201085621
    転職先が決まったらメールで転職の挨拶

    転職活動が成功し、無事に転職先が決まった場合は、お世話になった人に挨拶をしなければなりません。どのような方法で挨拶するかについて、明確な決まりはないのですが、書面かメールを利用するのが一般的です。同じ部署で働いている同僚・上司には直接話をすることができますが、異なる部署の人や、取引先などにはメールを送信するのが良いです。 転職先が決まってから、実際に転職するまでの期間が十分にある場合は、口頭で挨拶 […]

  • bf01034-s
    転職の際に必要になる適性試験とは?

    転職を意識し始めると、 転職活動における適性試験とはなんだろう? 何をするものなんだろう? と悩む方も多いのではないでしょうか。 一般的な適性試験とはどれほどの素質を持っているのか判定する検査のことです。転職の際には企業によっては面接の前に適正試験を実施するところも多いですよね。転職活動における適性試験とは、筆記試験や性格検査のことを指します。筆記の内容は企業によっては専門知識の試験があったり、一 […]

  • 20160725194424
    転職活動で年齢オーバーの条件での応募方法

    企業が出している求人の要綱に記載している条件と自分の年齢を比較して、年齢オーバーである場合は、一般的に不利です。企業サイドも、年齢条件を出しているのに応募してきているという点の評価が分かれてくるでしょう。 ゆえに、転職活動で応募する条件を満たしている応募者よりも質の高いアピールが必要です。 企業は将来の人材と会社の発展を考慮して、年齢オーバーの人よりも適正な人を積極的に雇う事が当たり前です。 仮に […]

  • 20151204182051
    転職の長所と短所を見極めましょう

    当然の事ですが、転職という行為には長所と短所の両方が存在しています。 例えば転職をすることで   視野が広くなる 収入が良くなる 経験に基づいた社内ポジションの構築が可能   といった点が長所、メリットになってきます。一方、短所、デメリットは何かといえば、   収入が下がった 一から人間関係を構築しなければならない 経験が邪魔をしてなじめない   といったこ […]

  • 20151127221409
    転職時はマナーに気をつける

    自分にとって働きやすい環境を求めるのは自然なことですが、社会人としてのマナーを忘れないようにする必要があります。転職活動を行う際は、さまざまな人に迷惑をかけることが出てくるため、周囲への配慮が欠かせないのです。マナーを守って行動している人は、転職活動を進める際に周囲からサポートを受けやすくなり、結果的に転職が成功しやすくなります。 たとえば、退職したい意思を伝えるタイミングです。転職活動を密かに進 […]

  • 1204185618
    転職で強みを説明する際は具体例が必要

    転職活動で面接を受ける際には、自分の強みが何かと聞かれることがあります。自己分析をきちんと行っている人でも、自分の強みが何なのかを正確に理解している人は少ないものです。いきなり面接で問われると、答えに詰まってしまう可能性があるため、あらかじめ十分に考えておかなければなりません。 こういう時は転職エージェントを利用している人が強みを発揮します。自分では気づかいような強みや長所、あるいは当たり前と思っ […]

  • 20代の転職は慎重に

    近年、大学新卒者の就職率がだいぶ回復してきましたが、せっかく就職してもすぐに離職してしまう人が増えています。20代ならまた1から仕事を学べるといった安易な考えで離職してしまうと、転職もうまくいかないでしょう。 20代というのは、もちろん十分に仕事のやり直しがきく時期ですし転職に関しても、どこかしら採用してもらえると思います。 しかし大事なことは自分の仕事に納得して、その仕事を続けられるということで […]

  • 20151201224308
    Uターン転職と志望動機

    「地元を離れて就職したけれどやはり地元に帰って働きたい」 「両親と同居しなくてはならないから戻らなくてはいけない」 このような理由でUターン転職を考えている人は少なくはありません。では転職を成功させるためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか? まずは自分にとりUターン転職するメリットは何であるか、そしてUターン転職した場合の人生設計をよく考える必要があります。ここがいい加減であれば、転職を繰 […]

  • 20151203221209
    転職を繰り返す人の特徴とその改善方法

    転職の理由は様々と言えますが、中には何度も転職を繰り返す人がいます。その様な人の転職理由を聞いてみると、特に目的が無く転職を繰り返していると言う特徴があります。仕事が嫌になって退職し、特に目的もなく転職先を探してまた嫌になり辞めると言ったケースです。 同じ職種で転々と繰り返す場合もありますし、職種を次々と変える場合もあります。いずれにしても転職の目的がないのが特徴で、さらに突き詰めてみると、仕事に […]

  • 20151204170953
    経験不足の状態で臨む転職活動

    転職活動で希望する企業に応募しても、十分な経験を積んでいる人が優遇されることが多くなります。企業側にしてみれば新卒採用とは違いますので即戦力を求めてしまうわけです。 そうした事情を忖度し、自分は経験不足だという自覚がある人は自信を持って応募することができなかったりします。しかし、業務に関して経験不足だからといって採用されないというわけではないのです。経験豊富な人よりも、あまり経験を持っていない人を […]