転職したい会社の給料が安い場合は

何らかの理由によって転職したいと考えている人は少なくありませんが、今、勤めている会社の給料と同じかそれ以上の額が貰える保証はありません。余程のスキルがあれば話は別ですが、それだけのものを持っている人は残念ながら多くは無いはずです。

ただ、安い給料だったとしてもそれを上回るメリットがあれば何の問題もありません。例えば仕事の内容が自分が前からやりたかった物だったという様な場合です。したくもない事をして大金を得るよりも、給料は安くても良いからしたい事をする方が、やりがいという面から見れば魅力的だと言えます。

ですので、転職をする際には給料が高い・安いという理由だけで判断するべきではありません。もっと広い視野で見る様にすべきです。もちろん理想的なのは現状が安い給料しか貰えていないという状況で、転職すればそれより遥かに良い条件になるというものですが、それを可能にするにはやはり情報が必要です。転職サイトで一般にオープンにされている情報は他の多くの人も接している情報ですから、必然的に狭き門になってしまいます。転職エージェントであれば独占案件ということで限られたわずかな人しか知らない情報だったりもします。利用しない手はないのです。

何れにせよ転職したいと思っているのなら、その気持ちを大切にして行動すべきでしょう。

うつ病になってしまうと転職が不利に

就職先がブラック企業だった場合、激務や人間関係に疲れてうつ病になってしまう方も少なくありません。

ですが、うつで仕事をやめてしまうと一般的に転職は不利になると言われています。我慢して仕事を続けてうつ病になってしまった場合、何もする気がおきなくなってしまいますので、心と体を休息させる期間が必要になり、その場合転職までの期間があいてしまいます。
人によっては長期間の休息が必要になりますし、せっかく元気になって転職活動を開始する気力が沸いても、ブランク期間はうつ病で休んでましたと言うと採用側の印象が悪くなってしまいますので、やはり転職には不利だという側面は否めません。

つまり本当に転職したいと思ったときは、体を壊したり、欝になって仕事をやめてしまう前に行動を開始することが大切です。激務で時間がない場合でも、時間をみつけて転職サイトを活用したり、転職エージェントに相談しましょう。特に転職エージェントであれば担当者がついて転職をサポートしてくれますから、状況を話すことで仕事に対するストレスもいくらかは軽減できるかもしれません。

転職活動において最も大切なのが仕事をやめる前に次の職場を見つけることです。

Uターン転職と志望動機

「地元を離れて就職したけれどやはり地元に帰って働きたい」
「両親と同居しなくてはならないから戻らなくてはいけない」

このような理由でUターン転職を考えている人は少なくはありません。では転職を成功させるためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?

まずは自分にとりUターン転職するメリットは何であるか、そしてUターン転職した場合の人生設計をよく考える必要があります。ここがいい加減であれば、転職を繰り返すということにもなりかねません。

また地元に希望の職種がない場合にはどうすると良いでしょうか?
とりあえず地元で職種を選ばずに働くべきか、それとも希望の職種が見つかるまでは探し続けるかということです。こういう場合は地元エリアをカバーしている転職エージェントに登録するとかなりその後の展開が違ってきます。求人をしている企業サイドの思惑も把握したうえで紹介してくれますから転職先探しにはもってこいです。

そしてうまく採用の面接に呼ばれた場合には志望動機を明確に相手に伝えることが大切になります。ただ「地元に戻りたい」という志望動機では説得力に欠けるわけです。「地元だからこそ〇〇に挑戦できる」「地元に貢献したい」などの積極性をうかがわせる志望動機を考えておくのはもちろん、その会社で働きたい明確な理由を用意しておきましょう。このあたりについても転職エージェントであれば助言してくれたりしますから心強いパートナーだといえます。

転職を成功させお祝い金をゲットできるかも!?

現在、たくさんの人々が転職しようかどうか考えていると思いますが、ちょっと前まで長引く不況だったため、転職活動をするのもけっこう億劫になるかもしれません。かなり不安な要素がたくさんつきまとうために、なかなか転職に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

しかし、状況によっては迷っている暇はないかもしれません。なぜなら転職に有利な期間というのは限られているからです。年齢を重ねるごとに転職は狭き門となる可能性が高く、決心した時には”時すでに遅し”ということにもなりかねないのです。そう考えるとあまり迷っている時間はないのかもしれません。

最近では、転職活動で転職サイトや転職エージェントを利用した場合、転職が成功した暁にはお祝い金がもらえたりすることもあるようです。転職をしたいという自分の希望がかなった上にお祝いまでもらえるわけですから、これらのサービスを利用するのは大きなメリットがあるということもできます。

転職はなかなか簡単には行きませんが、それでも、年齢を重ねていけばその分不利な状況にもなります。将来を考えたときに今の職場ではちょっとと思うのであれば、できるだけ早い段階から転職エージェントに登録するなどして準備しておくのがベストだといえます。その上で無事お祝い金がゲットできたりしたら最高ですね。

一年未満で退職したい場合の転職活動

入社してまだ一年未満なのに退職したい・・・
こんな場合、転職活動をしても必ず『どうして退職したのか』という部分を聞かれてしまいます。

“石の上にも三年”などという言葉がある通り、1年や2年で転職をする人は忍耐力がない、見通しが甘いなど、ネガティブな印象を持たれてしまいがちであり、かなり説明には苦労することとなります。それなりの理由があって転職をしたいと思っていても、その気持ちを理解してもらうことが難しい局面です。

しかし全くダメというわけでもありません。取り組みようによっては良い条件で転職をすることも不可能ではありませんのでいろいろと方法を試してみることが大切です。

一年未満、二年未満の場合は、まず自分なりにしっかりとした理由を作ることが重要です。なぜ転職をしたいのかという以前に、どうして退職する判断となったのか、その経緯をしっかりと説明できなければなりません。必ず聞かれることはしっかり説明を作り、その上で求人を見つけやすい方法を探していくことになります。

もう一つは、自分だけでなく、転職サイトや転職エージェントなどのサービスを利用して複数の視点で動くことです。自力で動くよりは確実に量も質も時間も効率的になります。移る気持ちが確実であれば、早期決戦を心掛けましょう。特に転職エージェントは利用することによってあなたの転職をサポートしてくれる人が増えますので、思ったよりも楽に求人を見つけることができるかもしれません。

転職するための一般常識の対策

転職活動をしている時に、企業によっては一般常識の試験を受けなければならないことがあります。一般常識の試験は、しっかりとした対策を取るようにしていないと、なかなか高得点を取ることができません。さまざまな経験を積んで、更なるスキルアップを図ろうとしているのに、一般常識の試験で転職に失敗してしまうのはもったいないことです。一般常識の対策にも時間を使うことが大切です。

一般常識の対策には、書籍を参考にすることができます。

また、転職サイトなどのサービスを利用するのも有効です。気をつけなければならないのは、新卒で就職活動をする際に十分な勉強をしていたから大丈夫だと思ってしまわないことです。転職活動における一般常識と、就職活動における一般常識は、必ずしも同じものではありません。日常の情報収集の態度が結果に表れやすいところともいえます。

転職活動のための対策を練るようにしないと、採用はおぼつかないものです。転職活動を始めることに決めたら、新聞やテレビのニュースなどで毎日少しずつ対策を取ることが必要です。

転職でも一般常識の試験がある

転職活動というと、書類選考と面接の2つによって選考を受けるイメージがあります。しかし、転職においても一般常識などの試験が行われる場合もあるため、注意しなければなりません。全ての企業で一般常識の試験を行うわけではなく、企業ごとに異なっているのです。応募しようとしている企業の情報を確認しておくことが大切です。このあたり、転職エージェントを利用するとかなり有利に進めることができます。

一般常識というのは、誰でも知っていると思いがちですが、試験で問われると意外に解けないものです。あらかじめ十分な対策を立てておくようにしないと、一般常識の試験で不合格になってしまいます。スムーズに転職するためには、履歴書や職務経歴書の作成にばかり時間をかけず、一般常識の試験対策にも時間を費やすようにしなければなりません。

さまざまな準備を進めていくことが、転職には必要不可欠です。新卒の就職活動で一般常識の対策を取っていたとしても、安心することはできません。新卒の場合とは内容が異なっていることが多いのです。

ちなみに、転職エージェントを利用している場合は、この一般試験があるかどうかの確実な情報が事前にもらえるばかりでなく、転職エージェント経由だと免除されるケースもあるようです。転職エージェントを選ぶ際のメリットといえるでしょう。

転職の際のハローワークの活用方法

転職で仕事を探す場合には様々な方法がありますが、ハローワークを活用する人も多いものです。ハローワークは地域毎にあり、全国に渡る求人を網羅していますが、特にその地域の求人が豊富にあります。そのため地元で転職を考えている場合には、特におすすめの方法です。

ハローワークで仕事を探す場合、所内に設置されている求人検索の端末を使って自分で求人を探す方法と、職業相談を受ける方法があります。

求人端末は時間内であれば何時でも利用が可能です。雇用形態や職種、勤務地などの条件を絞って求人検索ができます。求人票をプリントアウトもでき、持ち帰って検討できます。

また、ハローワークでは、希望する求人条件などを専用の用紙に記入して求職申し込みをすると、窓口で職業相談を受ける事ができます。希望条件に合った求人の案内やアドバイスを受ける事ができるため、どのような転職先があるのか相談してみる方法もおすすめです。

ハローワークは利用時間と休日があるため、利用する場合は確認が必要です。

アピールポイントの書き方を意識した転職

転職を考えている場合は、自分のアピールポイントが何なのかを把握することが大切です。そして、そのアピールポイントをどのように伝えるかを考えなければなりません。応募書類を作成する際は、アピールポイントの書き方に気を配るようにするのです。きちんとアピールポイントが伝わる書き方をしていると、採用担当者に注目される応募書類になります。

応募書類の書き方に自信がない場合は、転職サイトなどの専門家に相談して、正しい書き方を身につける必要があります。適当に書いて応募を繰り返しているだけでは、いつまでも書類選考だけで終わってしまい、自分の強みをアピールするチャンスが得られません。誰にでも、アピールポイントはあるのですが、きちんと伝えることができる人は限られています。

面接に進むことができなければ、転職は成功しません。書類選考でふるい落とされてしまうことを防ぐためには、徹底してアピールポイントの書き方を意識することが求められます。

このあたりのことを客観的に指摘、指導してくれるのが転職エージェントの担当者です。個人差はあるにしても、自分の気づいてない面を指摘してくれる、企業側との橋渡しをしてくれるというのは転職活動においては非常に強力な武器となります。積極的に利用しましょう。

転職先が決まったらメールで転職の挨拶

転職活動が成功し、無事に転職先が決まった場合は、お世話になった人に挨拶をしなければなりません。どのような方法で挨拶するかについて、明確な決まりはないのですが、書面かメールを利用するのが一般的です。同じ部署で働いている同僚・上司には直接話をすることができますが、異なる部署の人や、取引先などにはメールを送信するのが良いです。

転職先が決まってから、実際に転職するまでの期間が十分にある場合は、口頭で挨拶するか、書面を送ることが望ましいですが、たいていの場合は、そのような余裕はありません。したがって、丁寧に作成したメールを送信することになります。転職の挨拶をメールで行う場合、どのような内容を盛り込むかは迷いやすいですが、転職先の企業名は入れないのが基本です。

転職の挨拶をする際に、転職先まで伝える必要はありません。伝えることで特別なメリットが出てくることはないですし、相手に不愉快な思いをさせてしまう可能性もあります。転職をする旨を説明すれば十分なのです。

ピックアップ記事

  • 転職の際のハローワークの活用方法

    転職で仕事を探す場合には様々な方法がありますが、ハローワークを活用する人も多いものです。ハローワークは地域毎にあり、全国に渡る求人を網羅していますが、特にその地域の求人が豊富にあります。そのため地元で転職を考えている場合には、特におすすめの方法です。 ハローワークで仕事を探す場合、所内に設置されている求人検索の端末を使って自分で求人を探す方法と、職業相談を受ける方法があります。 求人端末は時間内で […]

  • 転職を繰り返す人の心理

    自分が転職を繰り返すタイプだと自覚している人は、同じように転職を繰り返す人の心理を読み解く努力をすることが大切です。きちんと心理を理解することができると、安易な転職を考えることがなくなります。 転職を繰り返すこと自体が悪いということではなく、心理を理解した上で行動することが求められているのです。明確な理由がある転職は、むしろプラスに働きます。 特に、短期間で転職を繰り返す傾向にある人は、注意深く行 […]

  • 人間関係や不当評価などが理由での転職も、転職エージェントに相談できる

    転職を考える方の理由としては、様々なものがありますが、まず上位として来るのが人間関係です。 職場での人間関係によるトラブルというのは、決して少なくありません。上司や先輩など上の立場の人からのパワハラ・モラハラなどの不当な扱いを受ける事から、女性の多い職場の場合、特定の一人のみ無視するなどのいじめが行われている事もあります。 会社や職場とは、異なった価値観や意見を持つ人間が集まっている場所ですので、 […]

  • 転職時の希望年収の伝え方に注意する

    転職を考える理由は人それぞれですが、現在の年収に不満があって転職したいという人も少なくありません。この場合、次に働く会社を探す際に年収を重視して求人を見ていくことになります。面接を受けた際に、希望年収について問われることも度々あるのですが、伝え方を間違えてしまうと評価が低くなってしまうため、注意しなければなりません。 求人企業を探している段階で、自分の希望年収を具体的に考えておくことが大切です。あ […]

  • 転職活動で年齢オーバーの条件での応募方法

    企業が出している求人の要綱に記載している条件と自分の年齢を比較して、年齢オーバーである場合は、一般的に不利です。企業サイドも、年齢条件を出しているのに応募してきているという点の評価が分かれてくるでしょう。 ゆえに、転職活動で応募する条件を満たしている応募者よりも質の高いアピールが必要です。 企業は将来の人材と会社の発展を考慮して、年齢オーバーの人よりも適正な人を積極的に雇う事が当たり前です。 仮に […]

  • 転職で強みを説明する際は具体例が必要

    転職活動で面接を受ける際には、自分の強みが何かと聞かれることがあります。自己分析をきちんと行っている人でも、自分の強みが何なのかを正確に理解している人は少ないものです。いきなり面接で問われると、答えに詰まってしまう可能性があるため、あらかじめ十分に考えておかなければなりません。 こういう時は転職エージェントを利用している人が強みを発揮します。自分では気づかいような強みや長所、あるいは当たり前と思っ […]

  • 転職のために会社を退職する際の挨拶

    スキルアップを図るためなどの理由で転職を考えている場合、働いている会社を退職するタイミングに気をつける必要があります。自分の目標・夢を叶えることは重要なことですが、同僚や上司の負担をなるべく小さくすることで、気持ちよく退職することができるのです。そのためには、タイミングを意識することに加えて、適切な挨拶をすることを考えなければなりません。 退職の挨拶でどのような話をするかは、あらかじめ十分に考えて […]

  • 転職した際の住民税に関する手続き

    書類選考や面接を経て、無事に転職先が決まると、嬉しい気持ちになるものです。しかし、この段階で落ち着いてしまうことはできません。転職すること自体の手続きは完了していても、他の手続きが終わっていないのです。たとえば、住民税に関する手続きです。住民税は、勤務先の会社が源泉徴収するのが原則となっている税金なので、転職した場合は新たな会社で源泉徴収するための手続きが必要になります。 会社員の場合、住民税を納 […]

  • 転職する際に必要な手続きに注意

    転職をする際は、さまざまな手続きが必要になります。求人を探したり、企業に応募したりすることで手一杯になってしまうと、それ以外の手続きが疎かになるため、注意しなければなりません。特に、税金関係の手続きを忘れてしまうと重大な問題になります。どのような手続きが必要になるのか、注意深く学ぶようにしなければならないのです。 まずは、転職先よりも勤務中の会社に目を向けることが大切です。退職するためにも手続きが […]

  • 転職したい会社の給料が安い場合は

    何らかの理由によって転職したいと考えている人は少なくありませんが、今、勤めている会社の給料と同じかそれ以上の額が貰える保証はありません。余程のスキルがあれば話は別ですが、それだけのものを持っている人は残念ながら多くは無いはずです。 ただ、安い給料だったとしてもそれを上回るメリットがあれば何の問題もありません。例えば仕事の内容が自分が前からやりたかった物だったという様な場合です。したくもない事をして […]