転職エージェントの選び方ガイドおすすめ

90149159転職を効率よく進めたい時には是非ものとなってくる転職エージェント。
こちらを利用するのとしないのとでは時間的な負担は大きく変わってきます。また、転職エージェントは独自の企業情報を抱え込んでいるもの。転職サイトで自力で探していては絶対にたどり着けないような、水面下で募集している優良企業の情報もマッチングして教えてくれたりします。
しかし、転職エージェントといっても数多くあり、選び方に関してはどうしたものかと悩んでしまいます。
そこで、当『転職エージェントの選び方ガイド』が「この転職エージェントはこんな特徴があるよ!」といった情報をまとめてみました。
転職エージェント選びの参考になれば幸いです。

リクルートエージェント



転職エージェントの中でも業界最大手と言う事が言えるのが、リクルートエージェント。 リクルートエージェントの特徴としては、まず、何と言っても転職成功率NO1を誇っているところにあります。その理由は、頼れる専任アドバイザーにあり、頼もしい専任のアドバイザーに相談する事で、好条件での転職を叶えてもらう事が可能になっていいます。 このサービスは、登録する事で初めて利用する事ができ、その他、登録する事で非公開の閲覧も可能になっています。登録が無料で行う事ができる事から考えても、本気で利用する為には、絶対に登録する必要があるかと思います。 リクルートエージェントの場合、公開されている求人は約10%程度。その為、より多くの求人を閲覧する為には、登録が必要になってくるのです。 転職先の見つけ方も検索で簡単に行う事ができ、希望の勤務地、職種、業界といった選択肢から選ぶ事で、自分にあった転職先を見つける事が可能になっています。 その他、各種セミナーなども開催されており、それらを上手に活用する事で、面接などの際に自信を持つ事ができるようになっています。

JACリクルートメント


JACリクルートメントは業界第2位の規模に迫る勢いのクオリティの高い転職エージェントです。その特徴は、キャリアコンサルタントの能力が高いということです。通常のキャリアコンサルタントは、直接企業に出向くことはありませんが、JACリクルートメントは実際に赴いていますし、求職している側とも面談がありますので、深いサポートができるのが特徴です。キャリアコンサルタントは、職種や業種によって特化しているのも特徴の一つです。例えば、営業の仕事を探しているとすると、営業の仕事に詳しいキャリアコンサルタントがサポートをしてくれます。

doda(デューダ)

20181003160952doda(デューダ)は、業界第3位の実績を持っており、幅広い分野で仕事を探すことができます。
なぜここまで実績を残しているのかは、その人にあったキャリアコンサルタントをつけるようにして、必要な情報を収集しやすくしているからです。キャリアコンサルタントの相性が悪いと、いい求人を受けることができないとされていますが、このサイトは相性をしっかり考え、適切なコンサルタントを付けられています。また求人数が多く、色々な企業とのつながりを持っているので、経験を生かして考えられたり、毎日のように仕事の紹介が受けられる特徴を持っています。
どうやって転職を実現するのか、キャリアコンサルタントと一緒に考えていけるようになっているため、短い時間でも質のよい転職活動ができるようになります。支えてくれる力が強いために、多くの仕事を探していけるので、転職しやすいサイトでもあります。

アイデムスマートエージェント


アイデムスマートエージェントの特徴としては、未経験OK案件と呼ばれるものが多くあり、未経験でもエージェントを利用して転職できることがあります。本来は経験を要求してくる会社のほうが多いのですが、このサイトは未経験でもいいとしている求人を多数持っているので、これを紹介してもらうことで転職を有利に進められます。他のサイトでは未経験はなかなか見つからないので、見つけてくれることはすごくいいことです。 また独占案件と呼ばれるものもあります。本来は色々なエージェントサイトを利用して求人を出しているのですが、このサイトだけにしかない独占の案件を用意しています。求人で幅広いものを見たかったり、他には無い求人のチェックをしてみたいときは、このサイトを利用することで多くの情報を得られます。

マイナビエージェント


20~30代の転職に強い転職エージェントのマイナビエージェントは、自分にあった仕事探し、応募書類のアドバイス、応募企業の詳細な情報、年収交渉などをフォローしてくれます。そして、マイナビエージェントの一番の特徴は非公開求人が多いことです。特定の人材が欲しい企業が公開せずに求人を行っているもので、マイナビエージェントに登録されている方だけが応募できる仕組みになっています。登録されている自分の強みとなる部分が企業の欲しい人材と重なれば、転職もスムーズに行える仕組みになっています。マイナビエージェントでは、全国に求人があります。特に首都圏・関西圏の求人が豊富です。職種も多彩にあり、それぞれの職種ごとの相談会も開かれるほどです。これらのサービスはサイトに登録るだけで、無料で利用することができます。

 

転職活動ではアドバイザーを頼る

スムーズに転職先を見つけるためには、自分1人で行動しないことがポイントとなります。効率的にかつ内容の濃い転職活動をするとなると、相性の良い転職エージェントの選び方が重要になってきます。きちんとした転職エージェントに登録するとアドバイザーに相談することができます。アドバイザーは、転職に関するプロなので、さまざまな疑問点や悩みを聞いてくれて、アドバイスを送ってくれるのです。

短期間で転職している人は、この転職エージェントをうまく選んで活用していることが多いです。誰かのサポートを受けることに億劫になってはいけません。転職の専門家の客観的なアドバイスを受けることによって、自分では見えていなかったことが見えてくるようになり、大きく成長するチャンスにもつながります。本当に自分にとって働きやすい転職先を見つけるには、こうしたエージェントに在籍しているアドバイザーのサポートが欠かせません。

ただし、アドバイスを受けるだけでは意味がありません。アドバイスを活かすためには、自分のことを見直す時間を作ることも大切です。

転職エージェントのメリットとは

社会人が転職をする際の一番の問題点は、転職に割ける時間です。
いかに効率的に転職先を探すかという問題の中でエージェントの存在は必然的に大きくなります。

転職エージェントを活用することには様々なメリットがあります。

一番のメリットは、自分とエージェントの距離が近いため、会社に直接推薦してくれたり代わりにスケジュール調整などを行ってくれる点です。求人を用意して終わりではなく、面接の日程調整や企業研究などを代わりに行ってもらえるのです。中にはこちらの経歴からアピールポイントを紹介してくれたり、履歴書を記入する際の注意点など基礎の基礎から教えてもらえるエージェントも存在しているため、最初から最後まで頼ることができます。

転職市場にこうしたプロが介入することが珍しくなくなってきていますので、今のご時世、独力だけで自分にあった新しい職場を探すのは難しいかもしれません。インターネットを介して転職の協力者を見つけるなんて、まさに時代の先端だといえるでしょう。

転職先の選び方に気をつける

転職活動を短期間で終わらせることができる人と、なかなか終わらない人との間には、さまざまな違いがあります。両者の違いは、もちろんスキルや経験の面にも現れているのですが、それだけではありません。

たとえば、転職先の選び方が適切かどうか、という点にも違いが出てきます。転職先の選び方を間違えてしまうと、十分なスキルを持っていても、採用されるまでに時間がかかってしまいます。マッチングが非常に大切なのです。たとえば、高学歴の大学を出た人が、高卒ばかりを採用している企業に入社しようとしても、なかなかスムーズに事が運ばなかったりします。

スキルには自信があるのに不採用になることが多いと感じている人は、転職先の選び方を見直すことが大切です。自分がやりたい仕事ができる求人に応募するのが一般的ですが、自分の希望を重視しすぎてしまうと、企業側のニーズに応えることができず、不採用になることが増えてしまいます。企業側にとって自分が必要な人材なのかを考えることが大切です。

こうしたアンマッチを回避するのにも転職エージェントは最適です。転職先の選び方に不安を感じている場合は積極的に転職エージェントを活用してみてください。アドバイスを受けながら考えていけば、あなたにとって適切と思われる転職先を選ぶことが可能になってきます。

転職を決断するポイント

転職をすることが自分にとってプラスになるかマイナスになるか、決断するタイミングで決まることも多くあります。

当たり前ですが、転職を決断するポイントとタイミングを間違えないことが大切です。なんとなく今の仕事が嫌になってきたから、という理由で転職を決断してしまうと、ほとんどの場合は失敗に終わってしまいます。明確な理由があって転職を決断した人は、自分の判断を後悔することがありません。目標が必要なのです。

仕事をしていると、さまざまな転機が訪れます。その中には、努力をして乗り切らなければならないものもあれば、思い切って転職した方がい良いものもあります。きちんと見極めることができていないと、間違った判断で行動することになってしまいます。自分の判断で最高の結果を出す自信が弱ければ、迷わず転職エージェントのサポートを受けてください。あなたの転職を成功させるのがエージェントの仕事なのです。活用しない手はありません。

エージェントから寄せられる情報を整理し、決断するのはあなたの大事な仕事です。自分にとって重要だと判断するポイントが間違ってなければ、転職したとしても、今の会社に残ったとしても、後悔はないでしょう。正しい判断をするためにはまずは情報が必要であり、求人情報を組織的に集めているのが転職エージェントなのです。

コメントは受け付けていません。

ピックアップ記事

  • 78153941_XS
    転職がきまった時に、会社への辞意の伝え方

    仕事を進めながら面接に行き、ようやく転職先が決まった!嬉しくてつい現在の職場への感謝の気持ち等を忘れてしまいそうになりますが、お世話になった職場に迷惑をかけないよう辞意を伝えることは非常に大切です。職場をやめる際には退職届さえだせばいいというわけではなく、やめる理由を伝える必要があります。人によっては伝え方に悩む方も多いと思いますが、一般的な辞意の伝え方としては直属の上司に一番最初に伝えます。その […]

  • 20151201220247
    一年未満で退職したい場合の転職活動

    入社してまだ一年未満なのに退職したい・・・ こんな場合、転職活動をしても必ず『どうして退職したのか』という部分を聞かれてしまいます。 “石の上にも三年”などという言葉がある通り、1年や2年で転職をする人は忍耐力がない、見通しが甘いなど、ネガティブな印象を持たれてしまいがちであり、かなり説明には苦労することとなります。それなりの理由があって転職をしたいと思っていても、その気持 […]

  • 20151201224308
    Uターン転職と志望動機

    「地元を離れて就職したけれどやはり地元に帰って働きたい」 「両親と同居しなくてはならないから戻らなくてはいけない」 このような理由でUターン転職を考えている人は少なくはありません。では転職を成功させるためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか? まずは自分にとりUターン転職するメリットは何であるか、そしてUターン転職した場合の人生設計をよく考える必要があります。ここがいい加減であれば、転職を繰 […]

  • 20151204183914
    転職の回数が多い人が注意すること

    一般的な企業では、あまり頻繁に転職していない人を優遇する傾向にあります。そのため、転職した回数が多い人は、第一印象でマイナスのイメージを持たれてしまいがちです。しかし、転職の回数が多いからといって、必ず不採用になるというわけではありません。回数が多いというだけの理由で不採用になるのではなく、不採用になる原因は他にもあるのです。 転職の回数が多い人は、どうしても自分に自信を持つことができず、積極的に […]

  • 1204185618
    転職で強みを説明する際は具体例が必要

    転職活動で面接を受ける際には、自分の強みが何かと聞かれることがあります。自己分析をきちんと行っている人でも、自分の強みが何なのかを正確に理解している人は少ないものです。いきなり面接で問われると、答えに詰まってしまう可能性があるため、あらかじめ十分に考えておかなければなりません。 こういう時は転職エージェントを利用している人が強みを発揮します。自分では気づかいような強みや長所、あるいは当たり前と思っ […]

  • 40歳代からの転職は準備が重要

    一般的な企業では、できるだけ若い人材を集めようとしています。そのため、年齢が上がってから転職しようとする人は、不利な状況に置かれているのです。しかし、40歳からでも転職することが不可能というわけではありません。十分な準備をして転職活動を行うようにすれば、40歳からでも十分転職することができます。ただし、ただ応募を繰り返しているだけでは採用されません。 40歳代になってから転職するためには、しっかり […]

  • 20151201085459
    社内の人に転職の挨拶をメールで送る

    転職することになった場合、いろいろな人に挨拶をする必要があります。取引先などの社外の人に対しては、きちんと書面で送るのが原則ですが、社内の人に対してはメールを送信する方法を用いることも多いです。転職の挨拶を社内の人にメールで送る場合、普段の連絡をするようなメールでは見過ごされてしまう可能性があります。内容や件名に気を配ることが大切です。 社内の人といっても、親密度などは人によって異なります。したが […]

  • 20151201085621
    転職先が決まったらメールで転職の挨拶

    転職活動が成功し、無事に転職先が決まった場合は、お世話になった人に挨拶をしなければなりません。どのような方法で挨拶するかについて、明確な決まりはないのですが、書面かメールを利用するのが一般的です。同じ部署で働いている同僚・上司には直接話をすることができますが、異なる部署の人や、取引先などにはメールを送信するのが良いです。 転職先が決まってから、実際に転職するまでの期間が十分にある場合は、口頭で挨拶 […]

  • bf01034-s
    学歴が転職での評価に与える影響

    新卒で就職活動をする際は、学歴が非常に大きな意味を持つと言われます。なぜならその人の評価の大部分は学歴でしか判断できないケースが多いからです。仮にスポーツやボランティアなど、学歴以外の部分で自信をもってアピールできる部分があれば、学歴が評価の大部分ということはないですが、ほとんどの人はそこまでの実績はまだないのが普通です。 そのため、新卒で学歴に自信がない人は、どうしても後ろ向きになってしまうこと […]

  • 7829651_XS
    転職する際に必要な手続きに注意

    転職をする際は、さまざまな手続きが必要になります。求人を探したり、企業に応募したりすることで手一杯になってしまうと、それ以外の手続きが疎かになるため、注意しなければなりません。特に、税金関係の手続きを忘れてしまうと重大な問題になります。どのような手続きが必要になるのか、注意深く学ぶようにしなければならないのです。 まずは、転職先よりも勤務中の会社に目を向けることが大切です。退職するためにも手続きが […]