学歴が転職での評価に与える影響

bf01034-s

新卒で就職活動をする際は、学歴が非常に大きな意味を持つと言われます。なぜならその人の評価の大部分は学歴でしか判断できないケースが多いからです。仮にスポーツやボランティアなど、学歴以外の部分で自信をもってアピールできる部分があれば、学歴が評価の大部分ということはないですが、ほとんどの人はそこまでの実績はまだないのが普通です。
そのため、新卒で学歴に自信がない人は、どうしても後ろ向きになってしまうことが多いです。

しかし、転職の場合は状況が異なっている点に注意しなければなりません。転職活動においては、新卒の就職活動ほど学歴は評価に影響していないのです。学歴ばかり気にしているのは損です。

転職活動で評価される人というのは、学歴が高い人ではありません。しっかりと仕事をして、スキルを身につけている人なのです。十分な職業経験を積んでいる人は、ただ学歴が高い人よりも良い評価を受け、きちんと転職することができています。採用担当者から評価されるためには、能力面をアピールしていくようにしなければなりません。

もちろん、業界などによっては学歴が大きなウェイトを占めています。求人に応募する際は、何が重視されているのかを確認することが大切です。能力重視で選考を進める企業に応募するのがポイントとなります。

効率の良い転職先の見つけ方

転職先の効率の良い見つけ方は単に求人などの情報で応募をして、数打てば当たるという気持ちで採用試験を受けないで、エージェントなどを活用する事です。

求人を探す時にある程度会社や職種に的を絞ったら、現職の仕事や過去に経験した仕事などの中で成功した体験をすぐに言えるように自己分析を行います。

エージェントが人材を紹介する条件として応募者のキャリアが旺盛で、応募先の会社にプラスになるように職務で成功した人を優先に紹介します。

人材紹介会社に登録する前に有益になるキャリアなどを分析して、担当のエージェントと一緒に転職先を見つけてもらう見つけ方が最も効率が良いです。

社員を募集をしている会社は、応募者の人材を買って入社させている事を考えて、具体的な長所を持ちながら自分の合う企業を探していく事が仕事の見つけ方としては望ましいです。仕事に合わないなどの理由で、転職を繰り返さないようにエージェントと一緒にじっくりと時間を掛けながら企業や自分の分析をします。

転職時はマナーに気をつける

20151127221409

自分にとって働きやすい環境を求めるのは自然なことですが、社会人としてのマナーを忘れないようにする必要があります。転職活動を行う際は、さまざまな人に迷惑をかけることが出てくるため、周囲への配慮が欠かせないのです。マナーを守って行動している人は、転職活動を進める際に周囲からサポートを受けやすくなり、結果的に転職が成功しやすくなります。

たとえば、退職したい意思を伝えるタイミングです。転職活動を密かに進めて、転職が決まったところで急に退職することを伝えるのはマナー違反です。このような形で辞めようとすると、同僚や上司は仕事の調整をしなければならず、困ってしまいます。たいていの会社では、就業規則で退職を伝える時期が決まっているので、必ずその時期までに伝えるようにします。

また、お世話になった人に対しては、退職する旨を伝えるのと同時に、感謝を述べるようにしなければなりません。転職する時点では離れたところで働いている人に対しては、メールを送るのがマナーです。

転職活動で年齢オーバーの条件での応募方法

20160725194424

企業が出している求人の要綱に記載している条件と自分の年齢を比較して、年齢オーバーである場合は、一般的に不利です。企業サイドも、年齢条件を出しているのに応募してきているという点の評価が分かれてくるでしょう。

ゆえに、転職活動で応募する条件を満たしている応募者よりも質の高いアピールが必要です。

企業は将来の人材と会社の発展を考慮して、年齢オーバーの人よりも適正な人を積極的に雇う事が当たり前です。

仮に30歳までの募集の枠組みで募集していた場合、30歳を超えた人は面接や書類で選考に通過できない事が多いです。

理由としては給料・賃金面などでの条件を優先的に考える採用担当者が多く、キャリアの育成などの都合で条件に見合った人を積極的に雇うという事を真っ先に考えているわけです。

しかし、年齢オーバーであっても、キャリアや向上心の度合いによって採用される可能性もあります。企業サイドは優秀な人材を欲して採用活動をしているからです。

転職活動の最中にどうしても年齢オーバーの条件で応募をしたい場合は、転職の支援をしているエージェントに尋ねたり、職業安定所などの職員に相談する事が基本です。

注意点としては活動を行っている時に、年が離れている会社で積極的に年長者として育成に努めたり、人間関係を円滑的に築ける能力を発揮する気持ちが重要です。

年齢制限を超えている転職での考え方

713266

転職をするにあたって、希望先の条件を見ると、自分がすでに年齢制限を超えていることがあります。
しかし諦めないのなら、まずアピールが必要です。
というのは、年齢制限があるということは、なにか理由があるわけです。年齢制限が下だった場合は、年上の部下ではやりにくいから不要、若くて安い労働力を求めているから、などの理由があるはずです。ですから年齢制限を超えている場合、そのハードルを超えなければなりません。

面接などをしている間に相手の求めるものをつきとめる必要があります。若い労働力が成熟した状態の高い能力を持っている、年下の上司ともうまくやれる、といった主張をすることで、相手が超えてほしいハードルを見つけ、超えるのです。
そうしたことをやらなければならないので、通常の転職よりもワンランク難しくなっています。場合によっては門前払いも覚悟しなければなりません。
なので、年齢制限を超えている転職では、もしいま仕事についているのなら、辞めずに転職先との交渉を進めるようにしないと、どちらもうまくいかなくなってしまうかもしれないということに注意です。きちんと生活も守らなければならないでしょう。

 

人間関係や不当評価などが理由での転職も、転職エージェントに相談できる

20170701172126

転職を考える方の理由としては、様々なものがありますが、まず上位として来るのが人間関係です。

職場での人間関係によるトラブルというのは、決して少なくありません。上司や先輩など上の立場の人からのパワハラ・モラハラなどの不当な扱いを受ける事から、女性の多い職場の場合、特定の一人のみ無視するなどのいじめが行われている事もあります。

会社や職場とは、異なった価値観や意見を持つ人間が集まっている場所ですので、自分とは何となく合わないと感じる人がいる事も珍しくありません。だいたいの場合には、仕事だから、と割り切って表面上は当たり障りなく過ごします。けれども、相談する人がいない、自分の味方が一人もいない状態で仕事をするのは、精神面でもストレスや負担が大きくなり、程度によっては業務に支障をきたすほどとなり、最後は鬱などの精神疾患になってしまう事もあります。誰も味方がいない状態で、我慢して働く事は得策とは言えません。自分が壊れてしまう前に転職をするのは、有効な手段と言えます。

また、えこひいきなどを受けて同じ様に仕事をしていても正当な評価が貰えない、周りと比べて扱いや待遇に差があると感じた時にも、正しく自分を評価してくれる職場を求めて転職をするのも良いでしょう。

転職を決意し、具体的な転職活動を行う時には色々な方法があります。転職に強い求人サイトを利用する、ハローワークを利用するなどです。その他にも、今は転職エージェントを利用する方法もあります。

転職エージェントとは、転職を希望する人が登録をし、転職の為の色々なサポートを受けられるシステムの事です。転職エージェントに登録している企業に、転職エージェントを通じて求職者が採用された時に、企業から転職エージェントに報酬が支払われるシステムとなっていますので、求職者は無料で利用できます。

転職エージェントでは、自分の希望に合った業種や職種の紹介の他、履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習なども行う事ができます。効果的な自己PRや志望動機、転職理由などの作成アドバイスを受ける事もできます。

人間関係の悪さやトラブルによる転職は、自分に非が無くても転職先にはマイナスの印象を受け取られてしまいがちです。この場合でも、転職エージェントを利用する事によって、好印象を与えられる、前向きな転職理由の作成を行う事ができます。

具体的な転職活動だけでなく、人間関係に悩んで転職を検討している時の相談だけでも受けられますので、気軽に転職エージェントを活用してみましょう。

 

 

転職するのに何歳までとか考えるのは不要!

132091

転職を検討する時にまず最初に考えてしまうのが年齢です。
以前は「転職35歳限界説」なんてのもありましたね。
しかし現在では何歳までという括りは、あまり考えなくても大丈夫です。
というのも、社会情勢の変化によって年齢よりもキャリアやスキルを重視する世の中になったためです。
そもそも年齢を重視していたのは、年功序列制度が根強く残っていたためです。
しかし現在ではその風潮も薄れ、もはや「何歳までの人間じゃないとダメ」という企業はよほどの大企業じゃない限りは無いでしょうし、そんな古い体質が残っている企業で働くのはあまり幸せなことではないかもしれません。
従って、転職を検討する際に年齢を気にする必要性は無いのです。
それよりも、ご自身のキャリアを振り返って、希望する企業でどのような貢献が出来るのか、またその企業でご自身がどのようなキャリアプランを立てていくのかを考える方が良いでしょう。

実際に面接の場でも、そのようなキャリアプランが明確な方のほうが採用の場に上げられやすいと思います。
まずは思い立ったが吉日。転職するのに「何歳まで大丈夫なのかな」という後ろ向きな考え方は思い切って捨てて、とりあえず挑戦しちゃいましょう!

 

 

適職探しに力を入れると転職しやすい

719189

就労体験が少ない新卒の場合でなくても、自分に合った仕事を見つけるのは難しいものです。
たいていの人は、適職ではない仕事をしながらスキルアップを図り、転職することで適職を見つけようとします。転職活動をする際は、適職探しに力を入れることが大切です。簡単に見つかるものではありませんが、簡単ではないからといって適職探しを諦めてしまうのは禁物なのです。

じっくりと適職探しをしている人は、転職活動に成功しやすくなります。一般的には、働きながら転職活動をするものなので、十分な時間を確保することは大変ですが、少しでも自分に合った仕事を見つけるために努力を続けていかなければなりません。転職サイトや転職エージェントのキャリアコンサルなどで適職診断を受けたりすることも、適職探しをする上で大いに役立ちます。

ただし、適職が見つからないから転職自体を断念するというのは好ましくありません。最初は適職だと思っていなかった仕事でも、実際に働き始めると適職だと感じることは多いものです。積極的に飛び込む姿勢が重要です。

転職で失敗するとき

20160725200827

自分の人生をよりよくするために転職にチャレンジ。思う通りに転職に成功したと思っていたのに、実際に入社してみると『あれ?』と思うことが重なり、ついには

こんなはずじゃなかったのに失敗したかも・・・

なんていう経験は転職者の多くがしていることです。
こういう場合、よくあるのが“飛び出し転職”
前の会社に不満があり、とにかくよそに変わりたいという気持ちを優先させた結果、吟味すべきところをスルーしてしまうパターンです。
自分の仕事の進め方はどうなのか、人生における仕事のウェイトはどうなのか、そういった基本的かつ一番重要な部分を軽視してしまった結果、陥る失敗例です。
内定がでれば転職を早く決めたいのは誰しも同じですから、その前にしっかりと心の準備をしておく必要があるのです。急いては事を仕損じるという言葉は転職にあっては金言といえるでしょう。

 

転職で失敗したなと思うパターンには共通項がいくつかあります。
転職で失敗したという自覚を持っている人の意見を収集してみると、面白いことに傾向がしっかりと出ています。

面接時にテンションが下がった
会社の雰囲気にネガティブな印象を持った
連絡のやり取りに時間がかかる
オフィスではなくレンタルスペースや喫茶店で面接
求人理由が不明瞭
社長が何かと派手

もちろん、転職活動の一時的なやり取りだけですべてを把握するなんてことは不可能ですから、上記のような印象を持ったとしても単なる思い過ごしということもあるかもしれません。
しかし、そのようなネガティブな印象をもったのであれば、それを解消するような手立てを講じてから入社を決意したいものです。疑問点はしっかりと質問する、会社見学を申し出る、最近ではネットの口コミも広範多岐に渡りますから調べてみたら案外簡単に情報が見つかるかもしれません。

何にしても転職の失敗は当面の取り返しがつきません。

違和感をそのままにしないことです。

 

 

経歴が汚い人と綺麗な人

20160725194424

転職などを扱う人材紹介会社には、
履歴が綺麗な人、履歴が汚れている人、経歴が汚い人

といった、少し差別的な言い回しが存在するそうです。経歴が綺麗な人とか経歴が汚い人というのは、その言葉のイメージから予想できる通り、転職回数が多いかどうか、卒業した大学がどの程度の大学か、といったことを基準に振り分けられているようです。

もちろん、これはあくまでも隠語であり公の場で使われるような言葉ではありません。しかし、転職エージェントといった人材紹介会社の個人的な会話レベルでは、半ば当たり前のように使われる言葉だったりもするようです。

転職エージェントは多くの人々を経歴で判断していきます。当然、人の歴史を見る機会も多く、どうしてもそこから受ける印象で良い悪い、きれい汚い、といった言い回しをしてしまうのでしょう。

例えば、一流大学を出て、一流企業に就職し、転職経験のない人だったりすると、転職サービスの担当者から見ると、非常に経歴の綺麗な人という印象を受けるようです。転職ばかりを繰り返し、履歴書の職務経歴欄がびっしり埋まるような人と比べると、とうしても印象に差が出てくるのは仕方のないことかもしれません。

しかし、ここ5年ほどの間に、そうした転職希望者の経歴に対する見方も大きく様変わりしてきているようです。何故かと言うと、必ずしも経歴の綺麗な人が、転職後に良い働きをするとは限らない、そういった認識が転職を受け入れる企業側で広まってきたからです。

特に、大企業に勤めている人が転職をするとなると、次の転職先が規模の比較的小さなベンチャー企業や、中小企業だったりする場合が少なくありません。こうした時に、この問題は顕在化します。

大企業での仕事と、中小企業での仕事では、少なくとも仕事に対する認識や、求められる視点が大きく異なります。そうした基本的な仕事の土台を理解した上で動ける人が中小企業でも成果をあげられる人です。しかし、環境が整い、分業が進んでいる大企業で仕事を覚えてきた人にとって、あれもこれも目配せをしておかなくてはならない中小企業での仕事は、少々荷が重いケースが少なくないようです。

そのため、一流企業からの転職者に対し、中小企業サイドは、本当にこの人は自分の会社で実績を上げていけるのかどうか、判断に悩んでしまうのです。

こういう場合には職務経歴書がものをいいます。転職暦が多ければ、在籍していた企業名を伝えるだけでも、ある程度経験してきた仕事の内容は把握できたりもしますが、経歴の綺麗な人と言うのは、1社だけしか勤めてないわけですから、どのような仕事をこなしてきたのか、履歴書だけではほぼ判断できません。

よって、詳細に自分の経歴を記した職務経歴書がものを言うわけです。もちろん、そうした場合であっても、基本的に仕事を遂行していく土台が大きく変わることが本当にわかっているのか、その点は測りようがありません。

しかし、自分の経歴を相手に伝えようとする姿勢や、面接での態度、立ち振る舞い、言動といったものを見ればある程度の期待値では判断が可能になってきます。

経歴のきれい、汚いだけでは推し量ることができないと言う認識が広まっていることを逆手に取れば、上手に転職活動を乗り切ることも可能なのではないでしょうか。

ピックアップ記事

  • 20151204182051
    転職の長所と短所を見極めましょう

    当然の事ですが、転職という行為には長所と短所の両方が存在しています。 例えば転職をすることで   視野が広くなる 収入が良くなる 経験に基づいた社内ポジションの構築が可能   といった点が長所、メリットになってきます。一方、短所、デメリットは何かといえば、   収入が下がった 一から人間関係を構築しなければならない 経験が邪魔をしてなじめない   といったこ […]

  • 1204185618
    転職で強みを説明する際は具体例が必要

    転職活動で面接を受ける際には、自分の強みが何かと聞かれることがあります。自己分析をきちんと行っている人でも、自分の強みが何なのかを正確に理解している人は少ないものです。いきなり面接で問われると、答えに詰まってしまう可能性があるため、あらかじめ十分に考えておかなければなりません。 こういう時は転職エージェントを利用している人が強みを発揮します。自分では気づかいような強みや長所、あるいは当たり前と思っ […]

  • 20151201091630
    転職でも一般常識の試験がある

    転職活動というと、書類選考と面接の2つによって選考を受けるイメージがあります。しかし、転職においても一般常識などの試験が行われる場合もあるため、注意しなければなりません。全ての企業で一般常識の試験を行うわけではなく、企業ごとに異なっているのです。応募しようとしている企業の情報を確認しておくことが大切です。このあたり、転職エージェントを利用するとかなり有利に進めることができます。 一般常識というのは […]

  • 20151201085459
    社内の人に転職の挨拶をメールで送る

    転職することになった場合、いろいろな人に挨拶をする必要があります。取引先などの社外の人に対しては、きちんと書面で送るのが原則ですが、社内の人に対してはメールを送信する方法を用いることも多いです。転職の挨拶を社内の人にメールで送る場合、普段の連絡をするようなメールでは見過ごされてしまう可能性があります。内容や件名に気を配ることが大切です。 社内の人といっても、親密度などは人によって異なります。したが […]

  • 20151204183914
    転職の回数が多い人が注意すること

    一般的な企業では、あまり頻繁に転職していない人を優遇する傾向にあります。そのため、転職した回数が多い人は、第一印象でマイナスのイメージを持たれてしまいがちです。しかし、転職の回数が多いからといって、必ず不採用になるというわけではありません。回数が多いというだけの理由で不採用になるのではなく、不採用になる原因は他にもあるのです。 転職の回数が多い人は、どうしても自分に自信を持つことができず、積極的に […]

  • 78153941_XS
    転職がきまった時に、会社への辞意の伝え方

    仕事を進めながら面接に行き、ようやく転職先が決まった!嬉しくてつい現在の職場への感謝の気持ち等を忘れてしまいそうになりますが、お世話になった職場に迷惑をかけないよう辞意を伝えることは非常に大切です。職場をやめる際には退職届さえだせばいいというわけではなく、やめる理由を伝える必要があります。人によっては伝え方に悩む方も多いと思いますが、一般的な辞意の伝え方としては直属の上司に一番最初に伝えます。その […]

  • 効率の良い転職先の見つけ方

    転職先の効率の良い見つけ方は単に求人などの情報で応募をして、数打てば当たるという気持ちで採用試験を受けないで、エージェントなどを活用する事です。 求人を探す時にある程度会社や職種に的を絞ったら、現職の仕事や過去に経験した仕事などの中で成功した体験をすぐに言えるように自己分析を行います。 エージェントが人材を紹介する条件として応募者のキャリアが旺盛で、応募先の会社にプラスになるように職務で成功した人 […]

  • 20160725194424
    転職活動で年齢オーバーの条件での応募方法

    企業が出している求人の要綱に記載している条件と自分の年齢を比較して、年齢オーバーである場合は、一般的に不利です。企業サイドも、年齢条件を出しているのに応募してきているという点の評価が分かれてくるでしょう。 ゆえに、転職活動で応募する条件を満たしている応募者よりも質の高いアピールが必要です。 企業は将来の人材と会社の発展を考慮して、年齢オーバーの人よりも適正な人を積極的に雇う事が当たり前です。 仮に […]

  • アピールポイントの書き方を意識した転職

    転職を考えている場合は、自分のアピールポイントが何なのかを把握することが大切です。そして、そのアピールポイントをどのように伝えるかを考えなければなりません。応募書類を作成する際は、アピールポイントの書き方に気を配るようにするのです。きちんとアピールポイントが伝わる書き方をしていると、採用担当者に注目される応募書類になります。 応募書類の書き方に自信がない場合は、転職サイトなどの専門家に相談して、正 […]

  • 20160725200827
    転職で失敗するとき

    自分の人生をよりよくするために転職にチャレンジ。思う通りに転職に成功したと思っていたのに、実際に入社してみると『あれ?』と思うことが重なり、ついには こんなはずじゃなかったのに失敗したかも・・・ なんていう経験は転職者の多くがしていることです。 こういう場合、よくあるのが“飛び出し転職”。 前の会社に不満があり、とにかくよそに変わりたいという気持ちを優先させた結果、吟味すべ […]