年齢制限を超えている転職での考え方

713266

転職をするにあたって、希望先の条件を見ると、自分がすでに年齢制限を超えていることがあります。
しかし諦めないのなら、まずアピールが必要です。
というのは、年齢制限があるということは、なにか理由があるわけです。年齢制限が下だった場合は、年上の部下ではやりにくいから不要、若くて安い労働力を求めているから、などの理由があるはずです。ですから年齢制限を超えている場合、そのハードルを超えなければなりません。

面接などをしている間に相手の求めるものをつきとめる必要があります。若い労働力が成熟した状態の高い能力を持っている、年下の上司ともうまくやれる、といった主張をすることで、相手が超えてほしいハードルを見つけ、超えるのです。
そうしたことをやらなければならないので、通常の転職よりもワンランク難しくなっています。場合によっては門前払いも覚悟しなければなりません。
なので、年齢制限を超えている転職では、もしいま仕事についているのなら、辞めずに転職先との交渉を進めるようにしないと、どちらもうまくいかなくなってしまうかもしれないということに注意です。きちんと生活も守らなければならないでしょう。

 

人間関係や不当評価などが理由での転職も、転職エージェントに相談できる

20170701172126

転職を考える方の理由としては、様々なものがありますが、まず上位として来るのが人間関係です。

職場での人間関係によるトラブルというのは、決して少なくありません。上司や先輩など上の立場の人からのパワハラ・モラハラなどの不当な扱いを受ける事から、女性の多い職場の場合、特定の一人のみ無視するなどのいじめが行われている事もあります。

会社や職場とは、異なった価値観や意見を持つ人間が集まっている場所ですので、自分とは何となく合わないと感じる人がいる事も珍しくありません。だいたいの場合には、仕事だから、と割り切って表面上は当たり障りなく過ごします。けれども、相談する人がいない、自分の味方が一人もいない状態で仕事をするのは、精神面でもストレスや負担が大きくなり、程度によっては業務に支障をきたすほどとなり、最後は鬱などの精神疾患になってしまう事もあります。誰も味方がいない状態で、我慢して働く事は得策とは言えません。自分が壊れてしまう前に転職をするのは、有効な手段と言えます。

また、えこひいきなどを受けて同じ様に仕事をしていても正当な評価が貰えない、周りと比べて扱いや待遇に差があると感じた時にも、正しく自分を評価してくれる職場を求めて転職をするのも良いでしょう。

転職を決意し、具体的な転職活動を行う時には色々な方法があります。転職に強い求人サイトを利用する、ハローワークを利用するなどです。その他にも、今は転職エージェントを利用する方法もあります。

転職エージェントとは、転職を希望する人が登録をし、転職の為の色々なサポートを受けられるシステムの事です。転職エージェントに登録している企業に、転職エージェントを通じて求職者が採用された時に、企業から転職エージェントに報酬が支払われるシステムとなっていますので、求職者は無料で利用できます。

転職エージェントでは、自分の希望に合った業種や職種の紹介の他、履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習なども行う事ができます。効果的な自己PRや志望動機、転職理由などの作成アドバイスを受ける事もできます。

人間関係の悪さやトラブルによる転職は、自分に非が無くても転職先にはマイナスの印象を受け取られてしまいがちです。この場合でも、転職エージェントを利用する事によって、好印象を与えられる、前向きな転職理由の作成を行う事ができます。

具体的な転職活動だけでなく、人間関係に悩んで転職を検討している時の相談だけでも受けられますので、気軽に転職エージェントを活用してみましょう。

 

 

転職するのに何歳までとか考えるのは不要!

132091

転職を検討する時にまず最初に考えてしまうのが年齢です。
以前は「転職35歳限界説」なんてのもありましたね。
しかし現在では何歳までという括りは、あまり考えなくても大丈夫です。
というのも、社会情勢の変化によって年齢よりもキャリアやスキルを重視する世の中になったためです。
そもそも年齢を重視していたのは、年功序列制度が根強く残っていたためです。
しかし現在ではその風潮も薄れ、もはや「何歳までの人間じゃないとダメ」という企業はよほどの大企業じゃない限りは無いでしょうし、そんな古い体質が残っている企業で働くのはあまり幸せなことではないかもしれません。
従って、転職を検討する際に年齢を気にする必要性は無いのです。
それよりも、ご自身のキャリアを振り返って、希望する企業でどのような貢献が出来るのか、またその企業でご自身がどのようなキャリアプランを立てていくのかを考える方が良いでしょう。

実際に面接の場でも、そのようなキャリアプランが明確な方のほうが採用の場に上げられやすいと思います。
まずは思い立ったが吉日。転職するのに「何歳まで大丈夫なのかな」という後ろ向きな考え方は思い切って捨てて、とりあえず挑戦しちゃいましょう!

 

 

適職探しに力を入れると転職しやすい

719189

就労体験が少ない新卒の場合でなくても、自分に合った仕事を見つけるのは難しいものです。
たいていの人は、適職ではない仕事をしながらスキルアップを図り、転職することで適職を見つけようとします。転職活動をする際は、適職探しに力を入れることが大切です。簡単に見つかるものではありませんが、簡単ではないからといって適職探しを諦めてしまうのは禁物なのです。

じっくりと適職探しをしている人は、転職活動に成功しやすくなります。一般的には、働きながら転職活動をするものなので、十分な時間を確保することは大変ですが、少しでも自分に合った仕事を見つけるために努力を続けていかなければなりません。転職サイトや転職エージェントのキャリアコンサルなどで適職診断を受けたりすることも、適職探しをする上で大いに役立ちます。

ただし、適職が見つからないから転職自体を断念するというのは好ましくありません。最初は適職だと思っていなかった仕事でも、実際に働き始めると適職だと感じることは多いものです。積極的に飛び込む姿勢が重要です。

転職で失敗するとき

20160725200827

自分の人生をよりよくするために転職にチャレンジ。思う通りに転職に成功したと思っていたのに、実際に入社してみると『あれ?』と思うことが重なり、ついには

こんなはずじゃなかったのに失敗したかも・・・

なんていう経験は転職者の多くがしていることです。
こういう場合、よくあるのが“飛び出し転職”
前の会社に不満があり、とにかくよそに変わりたいという気持ちを優先させた結果、吟味すべきところをスルーしてしまうパターンです。
自分の仕事の進め方はどうなのか、人生における仕事のウェイトはどうなのか、そういった基本的かつ一番重要な部分を軽視してしまった結果、陥る失敗例です。
内定がでれば転職を早く決めたいのは誰しも同じですから、その前にしっかりと心の準備をしておく必要があるのです。急いては事を仕損じるという言葉は転職にあっては金言といえるでしょう。

 

転職で失敗したなと思うパターンには共通項がいくつかあります。
転職で失敗したという自覚を持っている人の意見を収集してみると、面白いことに傾向がしっかりと出ています。

面接時にテンションが下がった
会社の雰囲気にネガティブな印象を持った
連絡のやり取りに時間がかかる
オフィスではなくレンタルスペースや喫茶店で面接
求人理由が不明瞭
社長が何かと派手

もちろん、転職活動の一時的なやり取りだけですべてを把握するなんてことは不可能ですから、上記のような印象を持ったとしても単なる思い過ごしということもあるかもしれません。
しかし、そのようなネガティブな印象をもったのであれば、それを解消するような手立てを講じてから入社を決意したいものです。疑問点はしっかりと質問する、会社見学を申し出る、最近ではネットの口コミも広範多岐に渡りますから調べてみたら案外簡単に情報が見つかるかもしれません。

何にしても転職の失敗は当面の取り返しがつきません。

違和感をそのままにしないことです。

 

 

経歴が汚い人と綺麗な人

20160725194424

転職などを扱う人材紹介会社には、
履歴が綺麗な人、履歴が汚れている人、経歴が汚い人

といった、少し差別的な言い回しが存在するそうです。経歴が綺麗な人とか経歴が汚い人というのは、その言葉のイメージから予想できる通り、転職回数が多いかどうか、卒業した大学がどの程度の大学か、といったことを基準に振り分けられているようです。

もちろん、これはあくまでも隠語であり公の場で使われるような言葉ではありません。しかし、転職エージェントといった人材紹介会社の個人的な会話レベルでは、半ば当たり前のように使われる言葉だったりもするようです。

転職エージェントは多くの人々を経歴で判断していきます。当然、人の歴史を見る機会も多く、どうしてもそこから受ける印象で良い悪い、きれい汚い、といった言い回しをしてしまうのでしょう。

例えば、一流大学を出て、一流企業に就職し、転職経験のない人だったりすると、転職サービスの担当者から見ると、非常に経歴の綺麗な人という印象を受けるようです。転職ばかりを繰り返し、履歴書の職務経歴欄がびっしり埋まるような人と比べると、とうしても印象に差が出てくるのは仕方のないことかもしれません。

しかし、ここ5年ほどの間に、そうした転職希望者の経歴に対する見方も大きく様変わりしてきているようです。何故かと言うと、必ずしも経歴の綺麗な人が、転職後に良い働きをするとは限らない、そういった認識が転職を受け入れる企業側で広まってきたからです。

特に、大企業に勤めている人が転職をするとなると、次の転職先が規模の比較的小さなベンチャー企業や、中小企業だったりする場合が少なくありません。こうした時に、この問題は顕在化します。

大企業での仕事と、中小企業での仕事では、少なくとも仕事に対する認識や、求められる視点が大きく異なります。そうした基本的な仕事の土台を理解した上で動ける人が中小企業でも成果をあげられる人です。しかし、環境が整い、分業が進んでいる大企業で仕事を覚えてきた人にとって、あれもこれも目配せをしておかなくてはならない中小企業での仕事は、少々荷が重いケースが少なくないようです。

そのため、一流企業からの転職者に対し、中小企業サイドは、本当にこの人は自分の会社で実績を上げていけるのかどうか、判断に悩んでしまうのです。

こういう場合には職務経歴書がものをいいます。転職暦が多ければ、在籍していた企業名を伝えるだけでも、ある程度経験してきた仕事の内容は把握できたりもしますが、経歴の綺麗な人と言うのは、1社だけしか勤めてないわけですから、どのような仕事をこなしてきたのか、履歴書だけではほぼ判断できません。

よって、詳細に自分の経歴を記した職務経歴書がものを言うわけです。もちろん、そうした場合であっても、基本的に仕事を遂行していく土台が大きく変わることが本当にわかっているのか、その点は測りようがありません。

しかし、自分の経歴を相手に伝えようとする姿勢や、面接での態度、立ち振る舞い、言動といったものを見ればある程度の期待値では判断が可能になってきます。

経歴のきれい、汚いだけでは推し量ることができないと言う認識が広まっていることを逆手に取れば、上手に転職活動を乗り切ることも可能なのではないでしょうか。

転職の際に必要になる適性試験とは?

bf01034-s

転職を意識し始めると、

転職活動における適性試験とはなんだろう?
何をするものなんだろう?

と悩む方も多いのではないでしょうか。

一般的な適性試験とはどれほどの素質を持っているのか判定する検査のことです。転職の際には企業によっては面接の前に適正試験を実施するところも多いですよね。転職活動における適性試験とは、筆記試験や性格検査のことを指します。筆記の内容は企業によっては専門知識の試験があったり、一般常識やSPIなどの試験を課す会社もあります。

筆記の対策としては多くの企業が取り入れているSPIの対策は最低限やっておいた方がいいでしょう。SPIは対策さえすればまったく難しい試験ではありませんので、筆記が悪くて面接までに足きりされてしまうのはあまりにもったいないです。

続いて性格検査についてですが、主にコミュニケーションの能力や社会人としての常識的な部分を見る検査です。ここでいい回答をしようとして下手にうそをついてしまうと高確率でバレますので正直に答えることが大切です。

いずれにしても、転職の試験については転職エージェントを利用していれば事前にある程度の打ち合わせが可能なことも多いです。どのような問題か、どの程度の難易度なのか、そういったことはやはりその企業とやり取りをしているエージェントでなえれば知ることは難しいことですから、そういった意味でも転職エージェントを利用する意味合いは大きいといえます。

転職する際に必要な手続きに注意

7829651_XS

転職をする際は、さまざまな手続きが必要になります。求人を探したり、企業に応募したりすることで手一杯になってしまうと、それ以外の手続きが疎かになるため、注意しなければなりません。特に、税金関係の手続きを忘れてしまうと重大な問題になります。どのような手続きが必要になるのか、注意深く学ぶようにしなければならないのです。

まずは、転職先よりも勤務中の会社に目を向けることが大切です。退職するためにも手続きが必要になります。特に重要なものとしては、社会保険に関する手続きを挙げることができます。就業中は、健康保険や厚生年金について会社が処理をしていたため、気にしていなかった人は多いものです。しかし、転職する際は年金を切り替えたりする必要が生じます。

退職してから次の仕事を始めるまでに間隔が空かない場合は、国民年金に切り替える必要がありません。しかし、転職先に入社するまでに間隔が空いてしまう人は、一度国民年金に切り替え、再び厚生年金に加入することになる点に注意が必要です。

転職した際の住民税に関する手続き

101033096_XS

書類選考や面接を経て、無事に転職先が決まると、嬉しい気持ちになるものです。しかし、この段階で落ち着いてしまうことはできません。転職すること自体の手続きは完了していても、他の手続きが終わっていないのです。たとえば、住民税に関する手続きです。住民税は、勤務先の会社が源泉徴収するのが原則となっている税金なので、転職した場合は新たな会社で源泉徴収するための手続きが必要になります。

会社員の場合、住民税を納付する手続きを自分で行っていないため、住民税について無頓着になってしまうことが多いです。しかし、住民税を納めることは国民の重要な義務の1つなので、手続きを忘れないようにしなければなりません。転職活動が成功したら、速やかに住民税などの手続きも完了させることが大切です。

あらゆる手続きをきちんと済ませることで、はじめて転職活動が終わったと言えるのです。分かりにくい部分は、会社の社会保険担当者や自治体の担当者に確認しなければなりません。

転職がきまった時に、会社への辞意の伝え方

78153941_XS

仕事を進めながら面接に行き、ようやく転職先が決まった!嬉しくてつい現在の職場への感謝の気持ち等を忘れてしまいそうになりますが、お世話になった職場に迷惑をかけないよう辞意を伝えることは非常に大切です。職場をやめる際には退職届さえだせばいいというわけではなく、やめる理由を伝える必要があります。人によっては伝え方に悩む方も多いと思いますが、一般的な辞意の伝え方としては直属の上司に一番最初に伝えます。その際引止めにあうことも多いですが意思が固いということを貫きましょう。つまり辞意の伝え方で重要なのは確実に転職の意思が固まった際に伝えると言うことです。

会社に退職の意思が伝わったら、退職前に引継ぎは確実に完了させて、スムーズに次の職場に転職しましょう。職場が変わったとしても前職の人脈は大切です、困った時に助けてもらうこともあるでしょう。別の業界に転職することもありますが、また会う機会もあるでしょう。円満退職を心がけることが次の仕事にもつながるのです。

ピックアップ記事

  • 20151204062048
    転職を決断するきっかけは人それぞれ

    昭和の時代の働き方といえば、終身雇用と年功序列でした。一つの会社に入社したらそこで一生働き続ける。これは昔から続く日本人の美学の一つであったかもしれません。しかし現代の転職事情を見ればそんなことはもはや昔ばなしにしかなってないことは明らかです。 1つの企業で定年まで働き続けるということは、絶対的な決まりではなくなっています。ある程度の経験を積んだ段階で、転職を考える人が増えているのです。しかし、転 […]

  • 20代の転職は慎重に

    近年、大学新卒者の就職率がだいぶ回復してきましたが、せっかく就職してもすぐに離職してしまう人が増えています。20代ならまた1から仕事を学べるといった安易な考えで離職してしまうと、転職もうまくいかないでしょう。 20代というのは、もちろん十分に仕事のやり直しがきく時期ですし転職に関しても、どこかしら採用してもらえると思います。 しかし大事なことは自分の仕事に納得して、その仕事を続けられるということで […]

  • 20151201220247
    一年未満で退職したい場合の転職活動

    入社してまだ一年未満なのに退職したい・・・ こんな場合、転職活動をしても必ず『どうして退職したのか』という部分を聞かれてしまいます。 “石の上にも三年”などという言葉がある通り、1年や2年で転職をする人は忍耐力がない、見通しが甘いなど、ネガティブな印象を持たれてしまいがちであり、かなり説明には苦労することとなります。それなりの理由があって転職をしたいと思っていても、その気持 […]

  • 20151127221409
    転職活動では退職理由の伝え方が重要

    転職活動を始める人には、必ず退職する理由があります。アルバイトのように、期間限定の仕事をしている場合であれば、退職理由の伝え方で迷う必要はなく、事実をありのまま説明すれば済みます。しかし、正規雇用の場合は自分の意思で退職するのが一般的なので、その理由の伝え方を間違えてしまうと、評価を一気に下げてしまうことになります。 採用担当者が、前の会社での退職理由を質問するのは、また同じ理由で辞めてしまう可能 […]

  • 20160725194424
    経歴が汚い人と綺麗な人

    転職などを扱う人材紹介会社には、 履歴が綺麗な人、履歴が汚れている人、経歴が汚い人 といった、少し差別的な言い回しが存在するそうです。経歴が綺麗な人とか経歴が汚い人というのは、その言葉のイメージから予想できる通り、転職回数が多いかどうか、卒業した大学がどの程度の大学か、といったことを基準に振り分けられているようです。 もちろん、これはあくまでも隠語であり公の場で使われるような言葉ではありません。し […]

  • 20151204180832
    転職する際に有利な資格

    転職活動では、どのようなスキルを持っているか、どのような経験を積んできたか、といった点をアピールしていくことが多くなります。担当した業務をわかりやすく、かつ専門的な視点から説明できることが肝要です。   しかし、別の面からみると、“取得しておくと有利な資格”というものも存在しています。転職で有利な資格は、応募する業界や職種などによって異なるため一概には言えません。 […]

  • 20151204170953
    経験不足の状態で臨む転職活動

    転職活動で希望する企業に応募しても、十分な経験を積んでいる人が優遇されることが多くなります。企業側にしてみれば新卒採用とは違いますので即戦力を求めてしまうわけです。 そうした事情を忖度し、自分は経験不足だという自覚がある人は自信を持って応募することができなかったりします。しかし、業務に関して経験不足だからといって採用されないというわけではないのです。経験豊富な人よりも、あまり経験を持っていない人を […]

  • 719189
    適職探しに力を入れると転職しやすい

    就労体験が少ない新卒の場合でなくても、自分に合った仕事を見つけるのは難しいものです。 たいていの人は、適職ではない仕事をしながらスキルアップを図り、転職することで適職を見つけようとします。転職活動をする際は、適職探しに力を入れることが大切です。簡単に見つかるものではありませんが、簡単ではないからといって適職探しを諦めてしまうのは禁物なのです。 じっくりと適職探しをしている人は、転職活動に成功しやす […]

  • 20151203061329
    転職を繰り返す人の心理

    自分が転職を繰り返すタイプだと自覚している人は、同じように転職を繰り返す人の心理を読み解く努力をすることが大切です。きちんと心理を理解することができると、安易な転職を考えることがなくなります。 転職を繰り返すこと自体が悪いということではなく、心理を理解した上で行動することが求められているのです。明確な理由がある転職は、むしろプラスに働きます。 特に、短期間で転職を繰り返す傾向にある人は、注意深く行 […]

  • 20151220112157
    強みを上手にアピールして転職につなげる

    転職するために面接を受ける際は、自分を採用することのメリットを伝えるように話を進める必要があります。そのためには、きちんと強みをアピールすることが大切です。 自分のこと、とりわけダメだと思う点を率直に伝えることは、日常生活では謙虚さと受け止められ、高評価につながるものですが、面接の場では評価が下がってしまう可能性が少なからずあります。上手に強みをアピールする方法を考える必要があるのです。 ただし、 […]