30代の転職で求められる要素

20151220112543

30代で転職を果たすためには、ビジネスの現場で通用する即戦力を企業にアピールする事が基本です。
また、これまで培ってきたビジネスの即戦力スキルに付け加えて、会社を大きくする為に社員を育成する能力を持っていたり、会社経営を主観とした戦略を持っている事が望ましいともいえるでしょう。

会社は従業員が結集して成り立っている組織である事を考えて、大きく立てていく為に部下に対する仕事などのノウハウを教えられる人を求めている傾向があります。

30代の転職希望者であれば、部下の成長を促せる能力がある事は企業にとっても大きなメリットがあります。単に部下に対して育成を促したり、指導を行うばかりではなくて、社員の悩みなどの話をしっかりと聞きながら理解して、話の内容を察しながら自分の考えを提案できる人が求められています。

即戦力で得たキャリアをプラスの方向に生かして、部下を含む社員に働きかける事で、会社で働く社員のモチベーションを上げながら業績の向上に繋がります。30代で転職を考える場合、経営者のつもりで応募する企業に出来る事を鑑みておく事が必要です。

そうしたスキル、能力を客観的に把握するために転職エージェントを活用するのも良い転職を果たす選択肢の一つです。

転職の回数が多い人が注意すること

20151204183914

一般的な企業では、あまり頻繁に転職していない人を優遇する傾向にあります。そのため、転職した回数が多い人は、第一印象でマイナスのイメージを持たれてしまいがちです。しかし、転職の回数が多いからといって、必ず不採用になるというわけではありません。回数が多いというだけの理由で不採用になるのではなく、不採用になる原因は他にもあるのです。

転職の回数が多い人は、どうしても自分に自信を持つことができず、積極的にアピールをすることができなくなってしまいます。その結果、自身のない人という印象を与えてしまい、不採用になりやすくなるのです。転職の回数が多い場合でも、自分の強みをアピールする時は、積極的になるべきです。前向きにアピールしていけば、回数の多さは問題になりません。

転職回数が多い人を採用すると、自分の会社でもすぐ転職するのではないか、と思う採用担当者が少なくありません。そのため、転職の回数が多い人は、長く働き続けられることを具体的に説明することが大切です。

こういったことは転職エージェントを利用していることでかなりのマイナスをカバーすることが可能になる場合があります。もちろん限度や担当者の能力にもよりますしあなた自身の立ち振る舞いにも大きな影響を受けますが、不利を不利としないようなアイデアを一緒に考えていくことで得られるメリットはいろいろあるはずです。

転職回数が気になるという人はその時点で心の中にマイナスイメージを持ってしまっていますから、まずはそのイメージを少しでも良い方向に変えるべく転職エージェントなどのサービスを利用すると良いでしょう。

転職で強みを説明する際は具体例が必要

1204185618

転職活動で面接を受ける際には、自分の強みが何かと聞かれることがあります。自己分析をきちんと行っている人でも、自分の強みが何なのかを正確に理解している人は少ないものです。いきなり面接で問われると、答えに詰まってしまう可能性があるため、あらかじめ十分に考えておかなければなりません。

こういう時は転職エージェントを利用している人が強みを発揮します。自分では気づかいような強みや長所、あるいは当たり前と思っていることが実は転職エージェントなどのプロの視点から見たらすごい強みだということは少なくありません。特に日本人は控えめに自己分析をする傾向が強いですから第三者の視点は欠かせません。

 

もし、準備が足りていない人が自分の強みを説明しようとすると、曖昧で抽象的な内容に終始してしまうことが多いものです。曖昧な内容になっていると、全く説得力がなく、採用担当者からの評価は低いものになります。転職で強みを説明する際は、具体例を盛り込むことが不可欠です。さまざまな具体例を出しながら説明していくと、言葉に重みが出てきます。

具体例が含まれていないと、いくら強みを説明しても、ただ誇張しているだけに思われてしまいます。どのような根拠で強みとなっているのか、という点が採用担当者にとって聞きたいポイントなのです。具体的な説明をしている人が、転職に成功しやすいのです。

 

転職する際に有利な資格

20151204180832

転職活動では、どのようなスキルを持っているか、どのような経験を積んできたか、といった点をアピールしていくことが多くなります。担当した業務をわかりやすく、かつ専門的な視点から説明できることが肝要です。

 

しかし、別の面からみると、“取得しておくと有利な資格”というものも存在しています。転職で有利な資格は、応募する業界や職種などによって異なるため一概には言えません。資格について考える前に、業界や職種を決めることが大切です。

 

たとえば、オフィスワークを希望している人は、簿記検定などの勉強をしておくのが良いです。事務職として働く上で有利な資格としては、簿記の資格が第一に挙げられます。また、事務職とは異なる仕事に就きたい人にとって有利な資格は、また別のものになります。ドライバーの仕事をしたいなら、あらかじめ運転免許、それも業務によっては大型などを取得しておくと特定の職種には強力な武器となります。

 

ただし、転職に有利な資格があるからといって、資格を取得することに躍起になるのは禁物です。資格を持っているだけでは仕事になりません。スキルを磨いていくことが最も大切なのです。また、その◆をいかに上手にアピールできるかも重要になってきます。そういう意味では転職エージェントを上手に利用するとアピールポイントを的確に指摘してくれることでしょう。

 

 

 

転職を決断するきっかけは人それぞれ

20151204062048

昭和の時代の働き方といえば、終身雇用と年功序列でした。一つの会社に入社したらそこで一生働き続ける。これは昔から続く日本人の美学の一つであったかもしれません。しかし現代の転職事情を見ればそんなことはもはや昔ばなしにしかなってないことは明らかです。

1つの企業で定年まで働き続けるということは、絶対的な決まりではなくなっています。ある程度の経験を積んだ段階で、転職を考える人が増えているのです。しかし、転職を決断するきっかけというのは、人によって異なっています。他の人がどのようなきっかけで転職したかを参考にすることは有効ですが、同じように決断を固める必要はありませんしすべきでもありません。

転職を考える上で大切なことは、自分にとって最高の決断をするということです。働いている会社でのスキルアップに限界を感じた場合、あるいは他にやりたいことが出てきた場合など、さまざまなことがきっかけになります。転職活動を始めた時に後悔しないようにするためには、他の人の考えに従うのではなく、自分自身が決断したことに従わなければなりません。

 

転職エージェントを決断のきっかけにする

転職エージェントに登録し、そこで転職先を決めることができれば、こうした悩みからは解放されます。そもそもが転職を前提としているわけですから、転職する理由づけには事欠きません。

あなたにとって最良といえる職場を探し出してくれるのがエージェントの仕事になります。収入がもっとよい、福利厚生が充実している、希望している業界・職種である、働きがいのあるポストにつきやすいなど、転職エージェントに登録するメリットはたくさんあります。転職が気になっているという段階であっても、一度相談してみると良いでしょう。

ただし、仮に転職することを前提に転職エージェントなどの支援サービスを申し込んでみても、転職の決断をすぐに同僚などに伝えるのは禁物です。最終的には、転職せずに働き続ける可能性がある段階では、周囲には黙ったまま活動を進めていくことが大切なのです。

 

 

転職の長所と短所を見極めましょう

20151204182051

当然の事ですが、転職という行為には長所と短所の両方が存在しています。

例えば転職をすることで

 

視野が広くなる

収入が良くなる

経験に基づいた社内ポジションの構築が可能

 

といった点が長所、メリットになってきます。一方、短所、デメリットは何かといえば、

 

収入が下がった

一から人間関係を構築しなければならない

経験が邪魔をしてなじめない

 

といったことが良く言われる短所です。

一度気になりだすとどちらかにばかり意識が集中してしまうかと思うのですが、ここは冷静になって判断しなければいけません。

その転職は本当に長所が多い転職でしょうか?

今の職場が嫌なだけなのではないですか?

焦りは禁物なのです。決して急ぐ必要など無いのですから、転職エージェントを利用してみるなどして時間を掛けて考えてください。

 

自分の長所短所の把握も重要

また、長所短所は会社の事ばかりでは無くて、自分自身のアピールをする時にも重要になります。改めて人に自分の事を説明しなければいけませんから、その事について考えを巡らせておく様にしましょう。面接をする時には当然ながらそれに関する質問がなされますので、しっかり対応できる様にしておくべきなのです。

一つの会社に勤め続ける人は現在では稀になり、何度かは転職するというのが当たり前になりつつあります。自分の長所とは何なのか、そして短所は何か、転職はそれに改めて気付かされる機会とも言えるでしょう。それらについて結論が出せる様になれば転職の準備が整ったという事になるのです。

 

 

 

経験不足の状態で臨む転職活動

20151204170953

転職活動で希望する企業に応募しても、十分な経験を積んでいる人が優遇されることが多くなります。企業側にしてみれば新卒採用とは違いますので即戦力を求めてしまうわけです。

そうした事情を忖度し、自分は経験不足だという自覚がある人は自信を持って応募することができなかったりします。しかし、業務に関して経験不足だからといって採用されないというわけではないのです。経験豊富な人よりも、あまり経験を持っていない人を雇用して、しっかり教育しようとしている企業もあります。

経験不足の人が転職活動に臨む際は、未経験の人を積極的に雇用している企業に応募することが大切です。求人票・求人情報を見ると、応募条件の項目に経験について書かれていることが多いですし、転職エージェントなどであればその辺の情報は詳しく把握しているはずですから経験の有無で当たり外れがあるようなことはほぼありません。経験年数が重視されているかどうかは、そうしたエージェントからの情報や求人票を見ればすぐに分かります。たとえば、経験年数が5年以上と書かれているような求人は、経験不足の人では採用されにくいです。

転職活動を成功させるためには、自分に合った企業に応募することが大切です。豊富な経験がある人は自由に企業を選べますが、経験不足の場合は自分の希望を優先しすぎないことがポイントになります。

転職するかどうか決断できない時の対応

20151204060529

人によっては、スキルアップするためにスムーズに転職活動を始められるのですが、中には辞めるか辞めないかを決断できない人もいます。決断できないというと、優柔不断な性格なのではないかと思われがちですが、必ずしも優柔不断な性格とは限りません。転職というのは、非常に重大な転機になるものなので、簡単に決断して良いことではないのです。

もちろん、転職するか転職しないか迷ったまま働き続ける状況は、自分にとってもストレスになりますし、勤務先に対しても失礼なことです。そのため、いつまでも決断できない状況を続けることは許されません。信頼できる専門家に相談して、きちんと決断を下す努力をしなければならないのです。

大切なことは、決断できない自分を責めすぎないことです。すぐに決断できないということは、それだけ真剣に考えていることの裏返しです。じっくりと考える時間を作ることも重要なのです。

転職エージェントに登録して活用する

転職そのものを決断できない人や転職先を決めかねている人の場合、転職エージェントに登録すると、さまざまなアドバイスを受けることができます。あなたのスキルはもちろん、場合によっては性格などを考慮して助言してくれたりもします。具体的な検討企業がまだ確定してない、あるいはもっと他に自分にマッチする転職先があるのではないかと思うようなケースであれば、迷わず転職エージェントに登録をしてみてください。決断理由はきっとたくさんあるはずです。あなたが気づいてないだけかもしれません。

転職を繰り返す人の特徴とその改善方法

20151203221209

転職の理由は様々と言えますが、中には何度も転職を繰り返す人がいます。その様な人の転職理由を聞いてみると、特に目的が無く転職を繰り返していると言う特徴があります。仕事が嫌になって退職し、特に目的もなく転職先を探してまた嫌になり辞めると言ったケースです。

同じ職種で転々と繰り返す場合もありますし、職種を次々と変える場合もあります。いずれにしても転職の目的がないのが特徴で、さらに突き詰めてみると、仕事にやりがいを感じていない特徴があると言えます。こういう人は就職の段階ですでに間違った見方をしてしまっているといえるでしょう。

転職を繰り返している人は、今一度自分を振り返り、自分のやりたい仕事は何なのか、どうすればそのような方向に進めるのか考えてみる必要があるでしょう。場合によってはその方向に進むために資格を取る事やスクールに行くなどの方法も視野に入れてみましょう。仕事に目標ができれば長続きしやすいものです。

人によっては転職を繰り返す理由が、何処へ行っても人間関係で上手くいかないという場合もあります。思い当たる人は、自分の性格や今までの状況を振り返り、何が原因かまずは考えてみましょう。原因が見つかったら、次の職場ではそのような自分を変えていく事を転職の目的にする方法が良いかもしれません。

転職を繰り返す人の心理

20151203061329

自分が転職を繰り返すタイプだと自覚している人は、同じように転職を繰り返す人の心理を読み解く努力をすることが大切です。きちんと心理を理解することができると、安易な転職を考えることがなくなります。

転職を繰り返すこと自体が悪いということではなく、心理を理解した上で行動することが求められているのです。明確な理由がある転職は、むしろプラスに働きます。

特に、短期間で転職を繰り返す傾向にある人は、注意深く行動する必要があります。一般企業では、頻繁に転職している人の採用を見送ることが多いのです。企業では、雇用した人に教育を施して働いてもらうようにしているため、短期間で転職を繰り返す人を採用すると、無駄になってしまう可能性があるためです。人的損失となる前に金銭的な損失となってしまうわけです。

簡単に会社を辞めるクセがついてしまった人は、気軽に転職を繰り返すことが多いです。どうしても耐えられない状況になったり、新たにやりたいことが出てきたりした場合は転職を考えてよいのですが、冷静な気持ちを忘れないことが大切です。

状況を見極め、自分ひとりの軽はずみな判断で行動しないという意味においても、転職エージェントは有用です。転職エージェントは転職市場におけるあなたの価値というものを客観的に見てくれるからです。あなた一人では主観に基づき、ともすればただのわがままで決断してしまいがちですが、第三者の目から見ればその行動がNGだったりすることもありえます。

また、そういう人であっても実り多い転職を可能にすることが可能なタイミングがあるかもしれません。そうしたタイミングは転職エージェントのようなプロの仲介業者でしか知り得ません。ゆえに転職エージェントをしっかりと活用すべきなのです。

ピックアップ記事

  • bf01034-s
    学歴が転職での評価に与える影響

    新卒で就職活動をする際は、学歴が非常に大きな意味を持つと言われます。なぜならその人の評価の大部分は学歴でしか判断できないケースが多いからです。仮にスポーツやボランティアなど、学歴以外の部分で自信をもってアピールできる部分があれば、学歴が評価の大部分ということはないですが、ほとんどの人はそこまでの実績はまだないのが普通です。 そのため、新卒で学歴に自信がない人は、どうしても後ろ向きになってしまうこと […]

  • 20151201085621
    転職先が決まったらメールで転職の挨拶

    転職活動が成功し、無事に転職先が決まった場合は、お世話になった人に挨拶をしなければなりません。どのような方法で挨拶するかについて、明確な決まりはないのですが、書面かメールを利用するのが一般的です。同じ部署で働いている同僚・上司には直接話をすることができますが、異なる部署の人や、取引先などにはメールを送信するのが良いです。 転職先が決まってから、実際に転職するまでの期間が十分にある場合は、口頭で挨拶 […]

  • 20代の転職は慎重に

    近年、大学新卒者の就職率がだいぶ回復してきましたが、せっかく就職してもすぐに離職してしまう人が増えています。20代ならまた1から仕事を学べるといった安易な考えで離職してしまうと、転職もうまくいかないでしょう。 20代というのは、もちろん十分に仕事のやり直しがきく時期ですし転職に関しても、どこかしら採用してもらえると思います。 しかし大事なことは自分の仕事に納得して、その仕事を続けられるということで […]

  • 20151127221409
    転職活動では退職理由の伝え方が重要

    転職活動を始める人には、必ず退職する理由があります。アルバイトのように、期間限定の仕事をしている場合であれば、退職理由の伝え方で迷う必要はなく、事実をありのまま説明すれば済みます。しかし、正規雇用の場合は自分の意思で退職するのが一般的なので、その理由の伝え方を間違えてしまうと、評価を一気に下げてしまうことになります。 採用担当者が、前の会社での退職理由を質問するのは、また同じ理由で辞めてしまう可能 […]

  • 20151127221409
    転職時はマナーに気をつける

    自分にとって働きやすい環境を求めるのは自然なことですが、社会人としてのマナーを忘れないようにする必要があります。転職活動を行う際は、さまざまな人に迷惑をかけることが出てくるため、周囲への配慮が欠かせないのです。マナーを守って行動している人は、転職活動を進める際に周囲からサポートを受けやすくなり、結果的に転職が成功しやすくなります。 たとえば、退職したい意思を伝えるタイミングです。転職活動を密かに進 […]

  • 20151127221409
    転職のために会社を退職する際の挨拶

    スキルアップを図るためなどの理由で転職を考えている場合、働いている会社を退職するタイミングに気をつける必要があります。自分の目標・夢を叶えることは重要なことですが、同僚や上司の負担をなるべく小さくすることで、気持ちよく退職することができるのです。そのためには、タイミングを意識することに加えて、適切な挨拶をすることを考えなければなりません。 退職の挨拶でどのような話をするかは、あらかじめ十分に考えて […]

  • 20151201220247
    一年未満で退職したい場合の転職活動

    入社してまだ一年未満なのに退職したい・・・ こんな場合、転職活動をしても必ず『どうして退職したのか』という部分を聞かれてしまいます。 “石の上にも三年”などという言葉がある通り、1年や2年で転職をする人は忍耐力がない、見通しが甘いなど、ネガティブな印象を持たれてしまいがちであり、かなり説明には苦労することとなります。それなりの理由があって転職をしたいと思っていても、その気持 […]

  • 20151220113155
    転職時の希望年収の伝え方に注意する

    転職を考える理由は人それぞれですが、現在の年収に不満があって転職したいという人も少なくありません。この場合、次に働く会社を探す際に年収を重視して求人を見ていくことになります。面接を受けた際に、希望年収について問われることも度々あるのですが、伝え方を間違えてしまうと評価が低くなってしまうため、注意しなければなりません。 求人企業を探している段階で、自分の希望年収を具体的に考えておくことが大切です。あ […]

  • bf01034-s
    転職の際に必要になる適性試験とは?

    転職を意識し始めると、 転職活動における適性試験とはなんだろう? 何をするものなんだろう? と悩む方も多いのではないでしょうか。 一般的な適性試験とはどれほどの素質を持っているのか判定する検査のことです。転職の際には企業によっては面接の前に適正試験を実施するところも多いですよね。転職活動における適性試験とは、筆記試験や性格検査のことを指します。筆記の内容は企業によっては専門知識の試験があったり、一 […]

  • 20151201224308
    Uターン転職と志望動機

    「地元を離れて就職したけれどやはり地元に帰って働きたい」 「両親と同居しなくてはならないから戻らなくてはいけない」 このような理由でUターン転職を考えている人は少なくはありません。では転職を成功させるためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか? まずは自分にとりUターン転職するメリットは何であるか、そしてUターン転職した場合の人生設計をよく考える必要があります。ここがいい加減であれば、転職を繰 […]