転職活動で年齢オーバーの条件での応募方法

20160725194424

企業が出している求人の要綱に記載している条件と自分の年齢を比較して、年齢オーバーである場合は、一般的に不利です。企業サイドも、年齢条件を出しているのに応募してきているという点の評価が分かれてくるでしょう。

ゆえに、転職活動で応募する条件を満たしている応募者よりも質の高いアピールが必要です。

企業は将来の人材と会社の発展を考慮して、年齢オーバーの人よりも適正な人を積極的に雇う事が当たり前です。

仮に30歳までの募集の枠組みで募集していた場合、30歳を超えた人は面接や書類で選考に通過できない事が多いです。

理由としては給料・賃金面などでの条件を優先的に考える採用担当者が多く、キャリアの育成などの都合で条件に見合った人を積極的に雇うという事を真っ先に考えているわけです。

しかし、年齢オーバーであっても、キャリアや向上心の度合いによって採用される可能性もあります。企業サイドは優秀な人材を欲して採用活動をしているからです。

転職活動の最中にどうしても年齢オーバーの条件で応募をしたい場合は、転職の支援をしているエージェントに尋ねたり、職業安定所などの職員に相談する事が基本です。

注意点としては活動を行っている時に、年が離れている会社で積極的に年長者として育成に努めたり、人間関係を円滑的に築ける能力を発揮する気持ちが重要です。

コメントは受け付けていません。