転職活動では退職理由の伝え方が重要

20151127221409

転職活動を始める人には、必ず退職する理由があります。アルバイトのように、期間限定の仕事をしている場合であれば、退職理由の伝え方で迷う必要はなく、事実をありのまま説明すれば済みます。しかし、正規雇用の場合は自分の意思で退職するのが一般的なので、その理由の伝え方を間違えてしまうと、評価を一気に下げてしまうことになります。

採用担当者が、前の会社での退職理由を質問するのは、また同じ理由で辞めてしまう可能性を考えているためです。したがって、同じ理由で辞めてしまうことがないと思ってもらえるような伝え方をしなければなりません。特に、短期間で退職してしまった人の場合、慎重に言葉を選びながら伝えていくようにしないと、ほとんど不採用になってしまいます。

転職活動に失敗しやすい人は、退職理由をありのまま伝えてしまう人です。たとえば、人間関係が原因で辞めたことを話してしまうと、いくらスキルが高くても採用したい気持ちが薄れるものです。転職に成功するには、人間関係の問題を持ち出すのは禁物です。

コメントは受け付けていません。