転職時はマナーに気をつける

20151127221409

自分にとって働きやすい環境を求めるのは自然なことですが、社会人としてのマナーを忘れないようにする必要があります。転職活動を行う際は、さまざまな人に迷惑をかけることが出てくるため、周囲への配慮が欠かせないのです。マナーを守って行動している人は、転職活動を進める際に周囲からサポートを受けやすくなり、結果的に転職が成功しやすくなります。

たとえば、退職したい意思を伝えるタイミングです。転職活動を密かに進めて、転職が決まったところで急に退職することを伝えるのはマナー違反です。このような形で辞めようとすると、同僚や上司は仕事の調整をしなければならず、困ってしまいます。たいていの会社では、就業規則で退職を伝える時期が決まっているので、必ずその時期までに伝えるようにします。

また、お世話になった人に対しては、退職する旨を伝えるのと同時に、感謝を述べるようにしなければなりません。転職する時点では離れたところで働いている人に対しては、メールを送るのがマナーです。

コメントは受け付けていません。