転職先が決まったらメールで転職の挨拶

20151201085621

転職活動が成功し、無事に転職先が決まった場合は、お世話になった人に挨拶をしなければなりません。どのような方法で挨拶するかについて、明確な決まりはないのですが、書面かメールを利用するのが一般的です。同じ部署で働いている同僚・上司には直接話をすることができますが、異なる部署の人や、取引先などにはメールを送信するのが良いです。

転職先が決まってから、実際に転職するまでの期間が十分にある場合は、口頭で挨拶するか、書面を送ることが望ましいですが、たいていの場合は、そのような余裕はありません。したがって、丁寧に作成したメールを送信することになります。転職の挨拶をメールで行う場合、どのような内容を盛り込むかは迷いやすいですが、転職先の企業名は入れないのが基本です。

転職の挨拶をする際に、転職先まで伝える必要はありません。伝えることで特別なメリットが出てくることはないですし、相手に不愉快な思いをさせてしまう可能性もあります。転職をする旨を説明すれば十分なのです。

コメントは受け付けていません。