転職の回数が多い人が注意すること

20151204183914

一般的な企業では、あまり頻繁に転職していない人を優遇する傾向にあります。そのため、転職した回数が多い人は、第一印象でマイナスのイメージを持たれてしまいがちです。しかし、転職の回数が多いからといって、必ず不採用になるというわけではありません。回数が多いというだけの理由で不採用になるのではなく、不採用になる原因は他にもあるのです。

転職の回数が多い人は、どうしても自分に自信を持つことができず、積極的にアピールをすることができなくなってしまいます。その結果、自身のない人という印象を与えてしまい、不採用になりやすくなるのです。転職の回数が多い場合でも、自分の強みをアピールする時は、積極的になるべきです。前向きにアピールしていけば、回数の多さは問題になりません。

転職回数が多い人を採用すると、自分の会社でもすぐ転職するのではないか、と思う採用担当者が少なくありません。そのため、転職の回数が多い人は、長く働き続けられることを具体的に説明することが大切です。

こういったことは転職エージェントを利用していることでかなりのマイナスをカバーすることが可能になる場合があります。もちろん限度や担当者の能力にもよりますしあなた自身の立ち振る舞いにも大きな影響を受けますが、不利を不利としないようなアイデアを一緒に考えていくことで得られるメリットはいろいろあるはずです。

転職回数が気になるという人はその時点で心の中にマイナスイメージを持ってしまっていますから、まずはそのイメージを少しでも良い方向に変えるべく転職エージェントなどのサービスを利用すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。