年齢制限を超えている転職での考え方

713266

転職をするにあたって、希望先の条件を見ると、自分がすでに年齢制限を超えていることがあります。
しかし諦めないのなら、まずアピールが必要です。
というのは、年齢制限があるということは、なにか理由があるわけです。年齢制限が下だった場合は、年上の部下ではやりにくいから不要、若くて安い労働力を求めているから、などの理由があるはずです。ですから年齢制限を超えている場合、そのハードルを超えなければなりません。

面接などをしている間に相手の求めるものをつきとめる必要があります。若い労働力が成熟した状態の高い能力を持っている、年下の上司ともうまくやれる、といった主張をすることで、相手が超えてほしいハードルを見つけ、超えるのです。
そうしたことをやらなければならないので、通常の転職よりもワンランク難しくなっています。場合によっては門前払いも覚悟しなければなりません。
なので、年齢制限を超えている転職では、もしいま仕事についているのなら、辞めずに転職先との交渉を進めるようにしないと、どちらもうまくいかなくなってしまうかもしれないということに注意です。きちんと生活も守らなければならないでしょう。

 

コメントは受け付けていません。