一年未満で退職したい場合の転職活動

20151201220247

入社してまだ一年未満なのに退職したい・・・
こんな場合、転職活動をしても必ず『どうして退職したのか』という部分を聞かれてしまいます。

“石の上にも三年”などという言葉がある通り、1年や2年で転職をする人は忍耐力がない、見通しが甘いなど、ネガティブな印象を持たれてしまいがちであり、かなり説明には苦労することとなります。それなりの理由があって転職をしたいと思っていても、その気持ちを理解してもらうことが難しい局面です。

しかし全くダメというわけでもありません。取り組みようによっては良い条件で転職をすることも不可能ではありませんのでいろいろと方法を試してみることが大切です。

一年未満、二年未満の場合は、まず自分なりにしっかりとした理由を作ることが重要です。なぜ転職をしたいのかという以前に、どうして退職する判断となったのか、その経緯をしっかりと説明できなければなりません。必ず聞かれることはしっかり説明を作り、その上で求人を見つけやすい方法を探していくことになります。

もう一つは、自分だけでなく、転職サイトや転職エージェントなどのサービスを利用して複数の視点で動くことです。自力で動くよりは確実に量も質も時間も効率的になります。移る気持ちが確実であれば、早期決戦を心掛けましょう。特に転職エージェントは利用することによってあなたの転職をサポートしてくれる人が増えますので、思ったよりも楽に求人を見つけることができるかもしれません。

コメントは受け付けていません。