転職を決断するきっかけは人それぞれ

20151204062048

昭和の時代の働き方といえば、終身雇用と年功序列でした。一つの会社に入社したらそこで一生働き続ける。これは昔から続く日本人の美学の一つであったかもしれません。しかし現代の転職事情を見ればそんなことはもはや昔ばなしにしかなってないことは明らかです。

1つの企業で定年まで働き続けるということは、絶対的な決まりではなくなっています。ある程度の経験を積んだ段階で、転職を考える人が増えているのです。しかし、転職を決断するきっかけというのは、人によって異なっています。他の人がどのようなきっかけで転職したかを参考にすることは有効ですが、同じように決断を固める必要はありませんしすべきでもありません。

転職を考える上で大切なことは、自分にとって最高の決断をするということです。働いている会社でのスキルアップに限界を感じた場合、あるいは他にやりたいことが出てきた場合など、さまざまなことがきっかけになります。転職活動を始めた時に後悔しないようにするためには、他の人の考えに従うのではなく、自分自身が決断したことに従わなければなりません。

 

転職エージェントを決断のきっかけにする

転職エージェントに登録し、そこで転職先を決めることができれば、こうした悩みからは解放されます。そもそもが転職を前提としているわけですから、転職する理由づけには事欠きません。

あなたにとって最良といえる職場を探し出してくれるのがエージェントの仕事になります。収入がもっとよい、福利厚生が充実している、希望している業界・職種である、働きがいのあるポストにつきやすいなど、転職エージェントに登録するメリットはたくさんあります。転職が気になっているという段階であっても、一度相談してみると良いでしょう。

ただし、仮に転職することを前提に転職エージェントなどの支援サービスを申し込んでみても、転職の決断をすぐに同僚などに伝えるのは禁物です。最終的には、転職せずに働き続ける可能性がある段階では、周囲には黙ったまま活動を進めていくことが大切なのです。

 

 

コメントは受け付けていません。