転職で強みを説明する際は具体例が必要

1204185618

転職活動で面接を受ける際には、自分の強みが何かと聞かれることがあります。自己分析をきちんと行っている人でも、自分の強みが何なのかを正確に理解している人は少ないものです。いきなり面接で問われると、答えに詰まってしまう可能性があるため、あらかじめ十分に考えておかなければなりません。

こういう時は転職エージェントを利用している人が強みを発揮します。自分では気づかいような強みや長所、あるいは当たり前と思っていることが実は転職エージェントなどのプロの視点から見たらすごい強みだということは少なくありません。特に日本人は控えめに自己分析をする傾向が強いですから第三者の視点は欠かせません。

 

もし、準備が足りていない人が自分の強みを説明しようとすると、曖昧で抽象的な内容に終始してしまうことが多いものです。曖昧な内容になっていると、全く説得力がなく、採用担当者からの評価は低いものになります。転職で強みを説明する際は、具体例を盛り込むことが不可欠です。さまざまな具体例を出しながら説明していくと、言葉に重みが出てきます。

具体例が含まれていないと、いくら強みを説明しても、ただ誇張しているだけに思われてしまいます。どのような根拠で強みとなっているのか、という点が採用担当者にとって聞きたいポイントなのです。具体的な説明をしている人が、転職に成功しやすいのです。

 

コメントは受け付けていません。