経験不足の状態で臨む転職活動

20151204170953

転職活動で希望する企業に応募しても、十分な経験を積んでいる人が優遇されることが多くなります。企業側にしてみれば新卒採用とは違いますので即戦力を求めてしまうわけです。

そうした事情を忖度し、自分は経験不足だという自覚がある人は自信を持って応募することができなかったりします。しかし、業務に関して経験不足だからといって採用されないというわけではないのです。経験豊富な人よりも、あまり経験を持っていない人を雇用して、しっかり教育しようとしている企業もあります。

経験不足の人が転職活動に臨む際は、未経験の人を積極的に雇用している企業に応募することが大切です。求人票・求人情報を見ると、応募条件の項目に経験について書かれていることが多いですし、転職エージェントなどであればその辺の情報は詳しく把握しているはずですから経験の有無で当たり外れがあるようなことはほぼありません。経験年数が重視されているかどうかは、そうしたエージェントからの情報や求人票を見ればすぐに分かります。たとえば、経験年数が5年以上と書かれているような求人は、経験不足の人では採用されにくいです。

転職活動を成功させるためには、自分に合った企業に応募することが大切です。豊富な経験がある人は自由に企業を選べますが、経験不足の場合は自分の希望を優先しすぎないことがポイントになります。

コメントは受け付けていません。