学歴が転職での評価に与える影響

bf01034-s

新卒で就職活動をする際は、学歴が非常に大きな意味を持つと言われます。なぜならその人の評価の大部分は学歴でしか判断できないケースが多いからです。仮にスポーツやボランティアなど、学歴以外の部分で自信をもってアピールできる部分があれば、学歴が評価の大部分ということはないですが、ほとんどの人はそこまでの実績はまだないのが普通です。
そのため、新卒で学歴に自信がない人は、どうしても後ろ向きになってしまうことが多いです。

しかし、転職の場合は状況が異なっている点に注意しなければなりません。転職活動においては、新卒の就職活動ほど学歴は評価に影響していないのです。学歴ばかり気にしているのは損です。

転職活動で評価される人というのは、学歴が高い人ではありません。しっかりと仕事をして、スキルを身につけている人なのです。十分な職業経験を積んでいる人は、ただ学歴が高い人よりも良い評価を受け、きちんと転職することができています。採用担当者から評価されるためには、能力面をアピールしていくようにしなければなりません。

もちろん、業界などによっては学歴が大きなウェイトを占めています。求人に応募する際は、何が重視されているのかを確認することが大切です。能力重視で選考を進める企業に応募するのがポイントとなります。

コメントは受け付けていません。