うつ病になってしまうと転職が不利に

20151201225043

就職先がブラック企業だった場合、激務や人間関係に疲れてうつ病になってしまう方も少なくありません。

ですが、うつで仕事をやめてしまうと一般的に転職は不利になると言われています。我慢して仕事を続けてうつ病になってしまった場合、何もする気がおきなくなってしまいますので、心と体を休息させる期間が必要になり、その場合転職までの期間があいてしまいます。
人によっては長期間の休息が必要になりますし、せっかく元気になって転職活動を開始する気力が沸いても、ブランク期間はうつ病で休んでましたと言うと採用側の印象が悪くなってしまいますので、やはり転職には不利だという側面は否めません。

つまり本当に転職したいと思ったときは、体を壊したり、欝になって仕事をやめてしまう前に行動を開始することが大切です。激務で時間がない場合でも、時間をみつけて転職サイトを活用したり、転職エージェントに相談しましょう。特に転職エージェントであれば担当者がついて転職をサポートしてくれますから、状況を話すことで仕事に対するストレスもいくらかは軽減できるかもしれません。

転職活動において最も大切なのが仕事をやめる前に次の職場を見つけることです。

コメントは受け付けていません。